「medi8」がサービスを終了したので代わりに「i-mobile」を使ってみた

クリック報酬型広告としてイチバン稼げるのは、「Google Adsense」だと言われています。
ただし、Adsenseは審査が厳しく、やむを得ず他社の同種のサービスを利用している方も多いと思います(私もその人)。
そんな悩みを抱えるサイト運営者の中で、一時期、注目されていたのが「medi8」です。

クリック報酬型 / インプレッション報酬型の広告は他にもありますが、他社の同種のサービスより稼げる上に、Adsenseのように審査は厳しくないとあって、私自身も重用していました。
短期間でしたが、稼がせてもらいました、そう、短い間でしたけどね。

medi8が注目を集め始めたのは2016年頃、私が登録したのは2016年末で、翌2017年2月にブログを独自ドメインへ移行した後、下半期はガッツリ稼がせてもらいました。
しかし、2017年末から収益が急落し、そして、2018年6月をもってサービス終了となりました。

Adsenseには及ばないものの、medi8を利用すればかなり稼げる。
そう活路を見いだしていた人たち(私も含めてですが)は、困ったことになってしまいました。

medi8のサービス終了を迎えて、ブログで稼ぐために、代わりなる選択肢にはどのようなサービスがあるのか、あるいは、私自身が試してみたことなど、記事にしてみました。

続きを読む

【アフィリエイト講座】ブログの独自ドメイン化でインプレッション報酬・クリック報酬型広告の獲得額はこんなに伸びる!

無料ブログから独自ドメインへ移行して5ヶ月、月間PVが10万を突破しました。

無料ブログ時代、一時は月間5万を上回っていたPVも、じりじりと下降し、独自ドメインへ移行する直前には、3万を割り込む状況となっていました。
独自ドメインへ移行した後も、それまでに積み上げたSEOの効果が消失したことで、PVの伸び悩みが続いて気を揉みましたが、移行後2ヶ月くらいから徐々に上向き始め、ついに10万PVを突破することができました。

PV増加の恩恵として、どのようなことを思い浮かべますか。
紹介制度があるサイトの獲得額が伸びる、という答えがイチバン多いでしょうか。
確かに、記事が目に触れる回数が増えることで、紹介人数も増えるという効果はあるかもしれません。
でも、紹介人数というのは、記事が目に触れる回数だけではなく、その記事に何が書かれているかに負う部分も大きいので、PV増加が紹介人数増加に直結するとは言いにくいのが実情です。

では、最も大きな恩恵は何なのか。
その答えは、インプレッション(表示)報酬 / クリック報酬型広告の獲得額アップです。
広告枠の配置再考といった要因もあるため、純粋に独自ドメイン化の影響だけとは言えませんが、独自ドメインへの移行前と比較して、インプレッション報酬 / クリック報酬型広告での獲得額は、10倍以上に伸びました。

続きを読む

[PR]

各種クイズの答えを検索できます

最新記事

プロフィール

ハタラキバチ


ブログ管理者:ハタラキバチ

支出や個人情報が必要な案件は、極力ノータッチというスタンスでおこづかい稼ぎに臨んでいるため、広告利用は控えめ。
得意分野は、ブラウザの拡張機能やソフトウェアを活用した裏技 / 小技です。

  • 通算獲得額 (2014/1~)
    :2,914,949円
  • 2018年7月度 獲得額
    :126,867円



獲得額ランキング

2018年7月度 獲得額:126,867 円
順位サイト名獲得額
1クラウドワークス68,631円
2ランサーズ26,624円
3忍者AdMax4,987円
4ECナビ2,926円
5ポイントタウン2,348円
6ライフメディア1,967円
7ポイントインカム1,917円
8キューモニター1,826円
9GetMoney!1,642円
10リア食1,000円

通算獲得額(2014/1~):2,914,949円
順位サイト名獲得額
1クラウドワークス723,782円
2ランサーズ467,102円
3infoQ157,212円
4げん玉115,504円
5A8.net114,671円
6キューモニター95,226円
7ポイントタウン82,536円
8ECナビ75,000円
9マクロミル57,348円
10忍者AdMax49,472円

ブログランキング参加中

くる天 人気ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログに掲載されている情報は、当該記事の執筆当時におけるものであり、最新の情報とは異なる可能性がございます。
特に、友達紹介特典については、キャンペーン開催や制度改定により、特典内容が変更されることがございますので、ご注意下さい。

また、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、その正確性を保証するものではございません。
当ブログの利用により生じた、いかなる損害についても、その責任は負いかねますので、情報の取り扱いは自己責任にてお願い致します。

[PR]
[PR]