【雑記】Firefox Quantumは速い!でも、それだけだ

Firefoxの最新バージョン、57.0がリリースされました。
「Firefox Quantum」の第1弾となる本バージョンですが、1年前と比較して処理速度が2倍になったと豪語するその言葉に違わず、確かに速いです。
何となく速くなった気がするというレベルではなく、今までFirefoxを利用してきた方なら、はっきりと違いを実感できるレベル。

ただし、先日、【雑記】2017年11月予定 Firefox 57へのアップグレードで多数のアドオンが無効化されますという記事でも言及した通り、多くのアドオンが機能しなくなってしまいました。
当ブログでご紹介しているアドオンについても、無効化されたものが目立ちます。

Firefox Quantum

続きを読む

再掲載【雑記】2017年11月予定 Firefox 57へのアップグレードで多数のアドオンが無効化されます

2017年9月、Firefoxがver.56へアップグレードされました。
そして、11月にはver.57へのアップグレードが予定されています。
ver.57では、従来に比べて大幅に高速・軽量化するとされる一方、アドオン(拡張機能)についての仕様が刷新されるため、多くのアドオンが影響を受けると考えられます。

参考ページ
Firefoxアドオン技術の現代化

これまで当ブログでは、効率UPに役立つアドオンを紹介してきましたが、現状として、その大半がver.57以降では強制的に無効化されると予想されます。
いざ、その時になってから慌てなくても済むように、事前に準備をしておきましょう。

Firefox アイコン

続きを読む

【雑記】ポイント交換先としての「投資」は賢い選択なのだろうか

おこづかいサイトやアンケートサイトで貯めたポイントを1つにまとめて、現金や電子マネーなどお好みのものに交換できる「ポイント交換サイト」として、以前は「PeX」「PointExchange」「ネットマイル」「Gポイント」の4つがせめぎ合っていました。
しかし、今いちばん勢いがあるのは、ポイント交換サイトとしては新興の「ドットマネー」であると、誰の目にも明らかだと思います。
また、例えば、1ポイントから交換が可能なプリペイドカードを採用した「ハピタス」など、独自のポイント交換先を設けるサイトも現れてきました。

このような苦境に危機感を感じて、ということかどうかわかりませんが、既存のポイント交換サイトも、今までにはなかった取り組みを始めています。
その1つが、ポイント交換先としての「投資」の採用です。

プロフィールでも軽く触れていますが、私自身、零細投資家として株に挑戦しているということもあって、投資には関心があります。
そこで、ポイント交換サイトからの投資について、少し調べてみました。

続きを読む

【雑記】テキスト選択を無効化して記事の盗用被害を抑止する

以前に投稿した記事の中で、手作業のコピー・アンド・ペーストによる記事盗用に根本的な予防策はなく、テキストを選択できないようにするなどの方法はあるものの、使い勝手が悪くなるので個人的にはオススメできない、と書きました。
その後、テキスト選択の無効化は、私が考えていたよりも柔軟性があることがわかったので、その方法をご紹介したいと思います。

ただし、この方法を使いこなすためには、HTMLやCSSの基礎的な知識が必要です。
そのため、詳しい手順については記載していませんので、ご了承下さい。

続きを読む

【雑記】ブログ記事の盗用被害を予防するために

先日、過去にブログ記事の盗用被害に遭ったことがあるという記事を投稿しましたが、またしても盗用被害が発覚しました。
でも、今回は、以前のケースのようにスムーズには解決しなかったんです。

続きを読む

【雑記】ブログ記事を盗用された時にどう対処するか

大手キュレーションサイトによる盗用騒動も記憶に新しいところですが、自分のブログから記事がパクられる、コピペ記事が掲載されるといった被害は、誰にでも起こり得ることだと、みなさん、理解されているだろうと思います。
とはいっても、まさか実際に自分が被害に遭うとは思ってもいない方が多いのではないでしょうか。
その認識は今すぐに改めて下さい。
ブログ記事が盗用される被害は、本当に誰にでも起こり得ます。

その根本的な原因は、ブログやSNSの浸透によって、誰もが情報の受信者であると同時に発信者となり、一方で、Googleで検索すれば大抵の疑問は解決する、そんな世の中になったことで、情報というのはタダで手に入る取るに足らないものだ、という認識が刷り込まれた結果ではないか、個人的にはそう考えています。
でも、それはまた別の話、今は置いておきましょう。

私自身、ブログ記事の盗用被害に直面したことがあります。
私が実際に経験したケースでは、予想外にサラっと問題が解決したため、ブログに取り上げることもありませんでしたが、先日、ブログ記事の盗用被害について改めて意識する機会があり、今回、記事にしてみることにしました。

続きを読む

【雑記】「ポインターを自動的に規定のボタン上に移動する」でポインターの移動位置がずれる原因

ウェブサイトを閲覧中やアプリケーションを閉じる際などに、「OK」もしくは「キャンセル」といった確認を求めるダイアログが表示されることがありますよね。
コントロールパネル > ハードウェアとサウンド > マウス > ポインターオプションにある「ポインターを自動的に規定のボタン上に移動する」にチェックを入れることで、読んで字の如く、ダイアログが表示された時に、ポインターを自動的にボタン上へ移動させることができます(一部のアプリケーションでは無効)。
先日、PCを買い替えたのですが、その後、ポインターの移動する位置がボタンからずれるようになってしまいました。

Windwos10 ポインターを自動的に規定のボタン上に移動する

続きを読む

休載のお知らせ

2017/3/1のクイズ記事は休載します。

【雑記】特定の記事がトップページと最新記事一覧で非表示になるようテンプレートを修正してみた

* クイズ記事が見当たらなくなったというみなさまへ、ブログ上部の「クイズ」より、今まで通り一覧表示でご覧いただけます。

私は毎日10~15件程度の記事を投稿していますが、そのうちの10件クイズコンテンツの答えを掲載する記事です。
その影響で、例えば、サイトを個別に取り上げた詳細記事や、裏技 / 小技記事など、多くの方の目に留まって欲しい記事が埋もれてしまいやすい傾向にあります。

以前はそのことをもっと気にしていたように思います。
一時期、「クロスワードゲーム」の記事を何サイト分も掲載し、1日の投稿記事が30件近くに上り、現在は「フルーツメール」の最新出題分のみとしたことで、記事数は大きく減少、気が緩んだのかもしれません。

先日、記事が埋もれることに、改めて思いを巡らせる機会がありました。
また、たまたま、HTML&CSSの初心者ながら、カスタマイズに挑戦されている方のブログへお邪魔して、触発されていたこともあって、記事埋没の対策に取り組んでみました。

続きを読む

【雑記】Windowsの音量ミキサーが開かない! 原因はフルーツメールの「インターネット視聴率モニター」用ソフト

Windowsのタスクバー右端付近にある「音量ミキサー」、これをクリックすると、下の画像のように、音量を調節するためのゲージが開きます、よね。
でも、開かなくなっちゃんです。

音量ミキサー

続きを読む

クロスワード / ポイントQの答えを検索できます

最新記事

プロフィール

ハタラキバチ


ブログ管理者:ハタラキバチ

支出や個人情報が必要な案件は、極力ノータッチというスタンスでおこづかい稼ぎに臨んでいるため、広告利用は控えめ。
得意分野は、ブラウザの拡張機能やソフトウェアを活用した裏技 / 小技です。

零細投資家として株にも挑戦中。
趣味は農場経営です。

  • 通算獲得額 (2014/1~)
    :2,306,466円
  • 2017年10月度 獲得額
    :74,893円



獲得額ランキング

2017年10月度 獲得額:74,893円
順位サイト / アプリ名獲得額
1ランサーズ22,581円
2クラウドワークス14,752円
3A8.net6,208円
4infoQ4,954円
5medi84,228円
6忍者AdMax2,706円
7キューモニター2,643円
8ポイントインカム2,254円
9げん玉1,557円
10ポイントタウン1,320円

通算獲得額(2014/1~):2,306,466円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス528,061円
2ランサーズ363,169円
3infoQ140,691円
4げん玉103,882円
5A8.net92,237円
6キューモニター78,695円
7ポイントタウン70,125円
8マクロミル47,819円
9ちょびリッチ43,171円
10ECナビ /
リサーチパネル
38,393円

ブログランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログに掲載されている情報は、当該記事の執筆当時におけるものであり、最新の情報とは異なる可能性がございます。
特に、友達紹介特典については、キャンペーン開催や制度改定により、特典内容が変更されることがございますので、ご注意下さい。

また、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、その正確性を保証するものではございません。
当ブログの利用により生じた、いかなる損害についても、その責任は負いかねますので、情報の取り扱いは自己責任にてお願い致します。