【クラウドワークス】2017年6月からタスク案件の手数料無料化を停止すると発表されました

2016年の年間獲得額は20万円を突破、在宅でコツコツ稼ぎたい方向けの決定版とも言えるクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」にて、システム利用料金について重要な発表がありました。

クラウドワークス

[PR]


2017年5月現在、クラウドワークスの受注者向けシステム利用料金は、報酬額に応じて5~20%となっています。
発注者が支払う総額から、5~20%が手数料として差し引かれて、残りの金額を受注者が受け取るという仕組みですね。
ただ、タスク形式の案件については、2015年10月から、手数料が全面的に無料化されていました。

クラウドワークス システム利用料金

かつては、同業の「ランサーズ」の後塵を拝している印象が強かったクラウドワークスですが、現在では逆転、私自身も、クラウドワークスは獲得額ランキング1位が定位置となっています。
クラウドワークスが知名度向上に注力し、利用者が大幅に増加、それに伴って、掲載される依頼の件数も増えたということが主要因ですが、この手数料無料化も大きかったように思います。
以前と同じ量の依頼をこなすだけでも、獲得額が20%増えるわけですからね。

無料化を停止する理由として、クラウドワークスは次のように説明しています。
本施策による仕事依頼内容の質低下が見られたため、2017年6月1日(木)よりタスク形式案件の手数料無料化を一時停止することを決定いたしました。
タスク形式案件の手数料無料化後に見られた仕事依頼内容の質低下は、本来プロジェクト形式で発注することが適切な内容のお仕事に関しても、故意にタスク形式で発注されるケースが発生したことが要因であり、結果としてお仕事のマッチング率低下を招くことが明確になりました。

停止の理由として、この説明を鵜呑みにしてもいいのかという点は別としても、依頼内容の質低下は、確かにありました。
ありました、が、無料化を停止することによって、クラウドワークスの謳うサービス健全化が達成できるかというと、さて、どうかな、と。

現在のクラウドワークスは、率直に言って、ランサーズと比較しても不健全な運営となっています。
無料化を停止すれば、説明されている通り、本来はプロジェクト形式で発注されるべき案件が、タスク形式で依頼されるというケースは減るでしょう。
でも、クラウドワークスの運営が不健全になっている主要因は、そこではないと私は思います。

クラウドワークスでは、アンケートなどを装った成果報酬目的の依頼が多いのが現状です。
ものすごく多いです。
作業・タスクのカテゴリーに掲載される依頼のうちの半分が、そのような内容であると言っても、決して言い過ぎではありません。
ランサーズでは、不適切な依頼は、営業時間内であれば、数時間のうちに掲載が停止される迅速な対応もあって、こういった内容の依頼を見かける頻度は格段に低いのですが、クラウドワークスは上記の通りの有り様です。

しかも、この手の依頼に応募している方がかなり多いんですよね。
これまでに、地方自治体や官公庁の依頼をクラウドワークスを通じて募集するといった実績もあるので、そういうサイトに掲載されているのだから問題はないだろうと、登録して間もない方が、よくわからずに信用してしまうのだと思います。
その依頼は、常識的に考えて過大な報酬が設定されていたり、不自然なくらいやたらに簡単だと謳っていませんか、よく考えてみて下さい。

タスク案件のシステム利用料金は、6月1日13時以降に発注されたものから、全て20%となります。
それによって運営が健全化するのであれば、致し方なしといったところですが、どうなるか。
健全化のための施策を、さらに打ち出してくるのでしょうか。
今後の推移を見守りたいと思います。

最後に。
ネガティヴな内容を書き連ねてしまいましたが、私自身がイチバン稼げているサイトがクラウドワークスであると事実は変わりません。
2016年には年間で20万円を突破、2017年も4ヶ月ですでに10万円を突破しています。

私が取り組む仕事のほとんどは、事務の仕事をした経験がある方ならば、十分にこなせるレベルの内容で、高度なスキルが必要なプログラムなどの仕事や、クリエイティヴなデザインのような仕事には、縁がありません。
適切な案件を選んで、真面目に取り組めば、誰でも結果はついてくるはずです。
おこづかいサイトとは違って、仕事であるという意識は不可欠ですが、コツコツ稼ぐ派でクラウドソーシング未経験という方は、是非チェックしてみて下さい。

コチラもご参照下さい。
【クラウドソーシング講座】こんなクライアントは要注意



インターネットを利用して地道にコツコツと稼ぎたいという方に、オススメするサイトを1つだけ選ぶとしたら、私ならクラウドワークスを選びます。
通算獲得額の総合ランキングで堂々の1位、2016年の年間獲得額は20万円を突破しました。
クラウドソーシングは頑張れば頑張っただけ確実に稼げるのが魅力です。
クラウドワークスに未登録の方は、この機会に是非ご登録をご検討下さい。

↓コチラからご登録いただけます↓
クラウドワークス
クラウドワークス
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連キーワード

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bee-dash.com/tb.php/13216-237ade0c

トラックバック

コメント

コメントの投稿 *「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます

管理者にだけ表示を許可する


クロスワード / ポイントQの答えを検索できます

最新記事

プロフィール

ハタラキバチ


ブログ管理者:ハタラキバチ

支出や個人情報が必要な案件は、極力ノータッチというスタンスでおこづかい稼ぎに臨んでいるため、広告利用は控えめ。
得意分野は、ブラウザの拡張機能やソフトウェアを活用した裏技 / 小技です。

  • 通算獲得額 (2014/1~)
    :2,023,871円
  • 2017年5月度 獲得額
    :68,295円



獲得額ランキング

2017年5月度 獲得額:68,295円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス27,201円
2infoQ8,719円
3ランサーズ6,752円
4YOURS2,377円
5キューモニター2,161円
6リア食2,059円
7A8.net1,922円
8medi81,544円
9げん玉1,318円
10ちょびリッチ1,284円

通算獲得額(2014/1~):2,023,871円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス450,889円
2ランサーズ311,062円
3infoQ126,643円
4げん玉94,070円
5A8.net79,399円
6キューモニター68,722円
7ポイントタウン65,187円
8マクロミル42,626円
9ちょびリッチ39,128円
10ECナビ /
リサーチパネル
34,616円

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: