【雑記】Firefox Quantumは速い!でも、それだけだ

Firefoxの最新バージョン、57.0がリリースされました。
「Firefox Quantum」の第1弾となる本バージョンですが、1年前と比較して処理速度が2倍になったと豪語するその言葉に違わず、確かに速いです。
何となく速くなった気がするというレベルではなく、今までFirefoxを利用してきた方なら、はっきりと違いを実感できるレベル。

ただし、先日、【雑記】2017年11月予定 Firefox 57へのアップグレードで多数のアドオンが無効化されますという記事でも言及した通り、多くのアドオンが機能しなくなってしまいました。
当ブログでご紹介しているアドオンについても、無効化されたものが目立ちます。

Firefox Quantum

[PR]
【期間限定】2018年10月31日までにコチラからご登録の上、登録の翌月末までに10,000ポイント交換すると、特典としてさらに10,000ポイント獲得できます

ECナビ
[PR]

Firefox Quantumの処理速度については、個人的に注目したい点があります。
Firefoxは、スクリプト処理の仕様上、楽天市場など一部のサイトで動作が非常に重くなるという問題点がありました。
Firefox Quantumでは、全体的に高速化されているだけではなく、上記のような一部サイトでの遅延が解消されているようです。
この違いはかなり大きいのではないでしょうか。

ただ、今回の高速化は、Firefoxユーザーが望んでいることなのかという根本的な疑問があるんですよね。
もちろん、遅いよりは速い方がいいに決まっています。
でも、ユーザーがFirefoxに期待するものは、処理速度ではなく、カスタマイズ性の高さ=使い勝手だと、私は思います。
そして、その肝となるのがアドオンです。

冒頭でも触れた通り、Firefox Quantumへのバージョンアップで多くのアドオンが無効化されてしまいました。
インターネットを閲覧するためだけに使うのであれば、Firefox Quantumは優れたブラウザだとは思います。
でも、個人的には、Firefox Quantumはただ速いだけで魅力に欠ける、というのが率直な感想です。

旧式のアドオンを利用し続ける方法として、先日の記事の中で、Firefoxの更新をオフにしてver.56からバージョンアップしない、もしくは、延長サポート版である「Firefox ESR」へ乗り換えるという2つをご紹介しましたが、その他に、派生ブラウザへ乗り換えるという方法もあります。
Firefoxをベースとして開発された派生ブラウザの中には、「Waterfox」や「Pale Moon」など、旧式のアドオンを継承すると表明しているものがあります。
ただし、その実現性は不透明なため、先日の記事では取り上げませんでした。

Waterfox Pale Moon

また、特にPale Moonに強く言えることですが、Firefoxをベースにしているとはいっても、Firefoxそのものではないので、Firefoxでは正常に動作するアドオンが派生ブラウザではうまく動かない、というトラブルが起こる可能性があります。
私自身、以前にPale Moonを導入しようと試みた際、重用しているアドオンの1つが動作せず、断念したということがあります。
Waterfoxについても、推奨アドオン変更に伴って記事を加筆修正した【小技 / げん玉】「詳しく見て1pt」のクリック済みリンクが見分けられるの中でご紹介している「Stylus」の動作に、ページを再読み込みしないとスタイルが適用されないという症状が頻発(私個人のPC環境に依存する可能性もありますが)しています。

私個人の現状としては、メインのブラウザをFirefox ESRへ変更、レガシーアドオンのWebExtensions対応に期待しつつ、Waterfoxが軌道に乗ればそちらへ変更を検討するという感じですね。
Firefox Quantumも使いますよ、Youtube Liveの再生専用で。
■雑記の最新記事

関連キーワード


[PR]
【限定特典あり】当ブログからご登録いただけると、通常の2倍の2,000ポイント獲得できます
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
ポイントインカム
[PR]
【期間限定】コチラからご登録いただけると、特典として今なら大増量600マイル獲得、さらに、登録の翌々月末までの獲得額に応じて最大2,400マイルを付与、2018年10月31日まで仮想通貨「ビットマイル」1,000XBMもらえます

すぐたま

コメント

  1. ホントにFirefoxはカスタマイズ性こそが最高だったのにそこを無視して変えられると困るんですよね
    このサイトで発見したアドオンではないのですがScrapBookとFlashblockというサイトの情報を保存するアドオンと無駄な動画を制限するアドオンを入れていたのですが、無駄になりました。
    正直かなり困ってます。
    ここで紹介されているFirefox ESRに乗り換えることも考慮しています。

    2017/11/17 20:25

    匿名

  2. 匿名さん

    コメントありがとうございます。

    おっしゃっているアドオンについては、私は利用したことがないので、存続・代替の可能性があるのか判断できませんが、QuantumからWebExtensions対応となったことで、存続・代替が困難なアドオンも少なくありません。
    特に、UIをカスタマイズするようなアドオンは非常に厳しい状況ですが、userChrome.cssを用いて、設定ファイルとして直接書き込むことで、レガシーアドオンで実現していたカスタマイズと、同等の結果を得ることができるケースもあります。
    例えば、タブを多段表示にしたり、コンテキストメニューから任意の項目を非表示にするといったことが可能です。
    userChrome.cssについては、今のところ当ブログで取り上げる予定はありませんが、関心があればお調べになってみて下さい。

    ESRについては、記事ではメインブラウザへ変更したと書いたのですが、ver.56と比較しても処理速度でやや見劣りするので、さらにWaterfoxへ移行しようか迷ってるところです(最新バージョンのWaterfoxはFirefox55がベース)。

    2017/11/17 23:39

    ハタラキバチ

コメントを書く

*「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます
管理者にだけ表示を許可する
[PR]
[PR]
[PR]