【雑記】Firefox Quantumで動作しなくなったアドオンの代替案が出揃ってきました

「Firefox Quantum(Firefox 57)」のリリースから1ヶ月余りが経過しました。
Quantumにアップグレードした方、ver.56のまま維持している方、あるいは、「Firefox ESR」や「Waterfox」へ移行した方、はたまた、「Chrome」など他のブラウザへ乗り換えた方、様々だと思います。
私自身はというと、この1ヶ月の間に二転三転することになりました。

当初はWaterfoxへの移行を予定していたものの、「Stylus」の動作が不安定で、ひとまずFirefox ESRをメインのブラウザに据えて、様子を見ることに。
→ 安定性ではバツグンのESRでしたが、処理速度がFirefox 56と比較してやや劣る点が次第に気になるようになる。
→ Waterfoxに旧バージョンの「Stylish」をインストールして、メインブラウザをWaterfoxへ再変更。
→ Waterfoxがver.56へアップグレード、Stylusが不安定な問題が解消する。

上記のような経緯をたどり、メインブラウザの座はWaterfoxで固まりかけたのですが、今現在、Waterfoxは再びサブのブラウザという位置付けになっています。
代わってメインのブラウザに据えたのは、Firefox Quantumです。

メインブラウザがWaterfoxとESRで二転三転する間も、レガシーアドオン(旧式アドオン)の動向や、代替となる新たなアドオンの情報収集を兼ねて、Quantumもサブのブラウザとして使用を続けていました。
その成果もあって、動作しなくなったアドオンの代替案もおおむね出揃ったため、決断を下したというわけです。

ただ、完全にQuantumへ移行できたかというと、そうでもありません。
たとえ処理速度で劣っても、レガシーアドオンが動作した方が効率で上回るケースもあり、用途によってQuantumとWaterfoxを使い分けている感じです。
まあ、以前から複数のブラウザを使い分けてきましたし、個人的にはこれといって問題はありません。

この記事では、私が愛用している主立ったアドオンのうち、Quantumで動作しなくなったものについて、その代替案をご紹介したいと思います。

Firefox Quantum



[PR]
【期間限定】2018年1月31日までにコチラからご登録いただけると、特典として1,000ポイント獲得できます

GetMoney!


[PR]




■AutoCopy 2

テキストを選択するだけで、自動的にコピーしてくれるアドオンです。
このアドオンに慣れすぎてしまったせいで、テキストエディタなどブラウザ以外のアプリケーションでテキスト作成する際に、テキストを選択した後にCtrl+Cを押し忘れて、「あれっ、コピーできていない」となることもしばしば。

同種の機能を持つWebExtensions対応のアドオンとしては、「Copy On Select」や「AutoCopy (WebExtension)」があります。
いずれも、AutoCopy 2にあった中クリックで貼り付けなどの機能はなく、コピーに特化した内容となっています。

Copy On Selectは入力欄のテキストをコピーできない、AutoCopy (WebExtension)は選択後すぐにマウスボタンを放してしまうとコピーされないなど使用感がイマイチ、と決定打に欠けるのですが、両方をインストールすることで、それぞれの弱点を補うことができます。
ただし、AutoCopy (WebExtension)が有効になっていると、画面をスクロールさせながら範囲選択ができず、広い範囲を1度にまとめてコピーすることはできません。
また、AutoCopy (WebExtension)は、コピーする度に画面右下にポップアップを表示させる(自動的に閉じます)ため、個人的にはそれが煩わしく感じたこともあって、Copy On Selectのみを使用しています。



■IME and DiMENSiON

IME(日本語入力)のON / OFFによって、テキスト入力欄の背景色や文字色を変えることのできるアドオンです。
例えば、日本語で「おこづかい」と入力しようとして、IMEがOFFになっていることに気付かずに「okodukai」と入力してしまう、といったミスの低減に役立ちます。

代替となるアドオンは見当たりませんが、同種の効果を実現できるものとして、「akinosign」というソフトウェアがあります。
アドオンではなくソフトウェアなので、Firefox以外のアプリケーションの使用時にも有効ですが、個人的には、動作しくてもいい時にも動作するのが煩わしく感じたため、使用を取りやめました。

代わりに使用しているのが「りかなー」というソフトウェアです。
IMEのON / OFF切り替えを忘れたまま入力してしまった場合に、全角 / 半角キーを2回押すと、切り替えしてから入力した状態に修正します。
上記の「おこづかい」と入力するつもりで「okodukai」と入力してしまった例でいえば、「okodukai」と入力した後に全角 / 半角キーを2回押せば、「おこづかい」と修正されます。
逆のパターンでも有効です。

本項は下記のページを参考にさせていただきました。
Firefox Quantumにバージョンアップした。 - マイ シニアライフ



■Menu Wizard

コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から不要な項目を非表示にすることができるアドオンです。
WebExtensions仕様の制約により、開発の継続は難しく、代替となるアドオンも見当たりません。

「userChrome.css」を使用することで、同等の効果を実現することが可能です。
平たく言えば、設定ファイルを作成して、そこに直に書き込むという方法になります。
詳細については、【小技】Firefox Quantumで不要な右クリックメニューを非表示にするにて解説していますので、ご参照下さい。



■Multi Links Plus

範囲選択した複数のリンクを一括して開くことで知られるアドオンです。
同種の機能を持つWebExtensions対応のアドオンとして「Snap Links」がありますが、Multi Links Plusのように、Ctrl / Alt / Shiftのいずれかを押している時だけ有効にするといった設定はできません。
これは、ジェスチャアドオンを使用している方にとっては、致命的な欠点になりますね。

また、Multi Links Plusには、リンクを一括して開く機能の他に、リンクのURLやタイトルを一括してコピーするという機能がありました。
Snap Linksも、ver.2.4.3までは、このような機能や、任意のキーを押している時だけ有効にするという設定ができたのですが、Quantumに対応しているバージョンにはそういった設定項目がありません。
でも、実は、リンクのURLを一括してコピーすることは可能です。

手順は以下の通り。
1. 右クリックボタンを押しながら、対象となるリンクを範囲選択する。
2. Ctrlキーを押す。
3. 右クリックボタンを放す。
4. Ctrlキーを放す。

上記の手順を取ると、選択されたリンクを開くことなく、URLを一括してコピーすることができます。
次のバージョンアップで機能追加を計画していると告知されていますので、期待したいところではありますが、現行バージョンのリリースからすでに1年が経過しているんですよね。



■SearchWP

例えば、GoogleやYahooで「○○ ××」と検索した結果の中から、あるページを開いたとします。
それがボリュームのあるページだった場合、「○○」と「××」がページ内のどこにあるのか、パッと見てわかりにくいと感じることがありますよね。
Ctrl+Fでページ内検索する方法もありますが、「○○ ××」と検索すると、検索結果として該当するのはスペースを含む「○○ ××」と連続した5文字だけで、「○○」と「××」は対象に含まれません。
「○○」と「××」を、わかりやすく色分けしてハイライト表示させることができるのが、このアドオンです。

同種の機能を持つWebExtensions対応のアドオンとしては、「isear」があります。
アドオン「Tampermonkey」にユーザースクリプト「Enhanced word highlight」をインストールするという方法もありますが、検索結果を経由することなく任意のページでハイライト表示させることができません。
isearはそれが可能となっているため、SearchWPの機能をより代替できていると言えます。

isear Google isear おこづかいBeeDASH!



■Tab Mix Plus

タブ周辺の動作や見た目を総合的にカスタマイズできるアドオンです。
Quantumで動作しなくなったアドオンの中でも、特に有名だと思います。
WebExtensions仕様の制約により、開発は難航しているようですが、Tab Mix Plusの機能を部分的に代替できるアドオンはたくさんありますし、「userChrome.css」や「about:config」で解決する部分もあります。

主に、見た目に関する部分を設定できるuserChrome.cssに対して、動作に関する部分を設定できるのがabout:configです。
オプションでは変更できない高度な設定を、直に書き換えることができます。
詳細については、【小技】Firefox Quantumで「Tab Mix Plus」の機能を再現するにて解説していますので、ご参照下さい。



その他に代替に困っているアドオンがある方は、下記のページも参考にしてみて下さい。
海外の有志の方がまとめている代替アドオンのリストです。

firefox-webext-list
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連キーワード

[PR]
【期間限定】2018年1月31日までにコチラからご登録の上、1ポイント以上獲得した方の中から、抽選で100名に1,000円相当のポイントが当たります
ライフメディアへ登録
ライフメディア


[PR]
【期間限定】2018年3月31日までにご登録いただけた方の中から、抽選で1,225名に最高1万円相当のポイントが当たります

キューモニター

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bee-dash.com/tb.php/15044-1a4db7bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿 *「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます

管理者にだけ表示を許可する

クロスワード / ポイントQの答えを検索できます

最新記事

プロフィール

ハタラキバチ


ブログ管理者:ハタラキバチ

支出や個人情報が必要な案件は、極力ノータッチというスタンスでおこづかい稼ぎに臨んでいるため、広告利用は控えめ。
得意分野は、ブラウザの拡張機能やソフトウェアを活用した裏技 / 小技です。

零細投資家として株にも挑戦中。
趣味は農場経営です。

  • 通算獲得額 (2014/1~)
    :2,465,516円
  • 2017年12月度 獲得額
    :77,353円



獲得額ランキング

2017年12月度 獲得額:77,353 円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス20,743円
2ランサーズ14,063円
3ハピタス10,491円
4ECナビ /
リサーチパネル
5,036円
5ポイントインカム2,669円
6忍者AdMax2,494円
7medi82,030円
8キューモニター1,834円
9リア食1,802円
10げん玉1,494円

通算獲得額(2014/1~):2,465,516円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス582,731円
2ランサーズ385,481円
3infoQ150,139円
4げん玉106,675円
5A8.net94,304円
6キューモニター81,918円
7ポイントタウン73,586円
8マクロミル50,335円
9ECナビ /
リサーチパネル
46,355円
10ちょびリッチ44,990円

ブログランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログに掲載されている情報は、当該記事の執筆当時におけるものであり、最新の情報とは異なる可能性がございます。
特に、友達紹介特典については、キャンペーン開催や制度改定により、特典内容が変更されることがございますので、ご注意下さい。

また、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、その正確性を保証するものではございません。
当ブログの利用により生じた、いかなる損害についても、その責任は負いかねますので、情報の取り扱いは自己責任にてお願い致します。