【PR】GMOインターネット株式会社【Z.com】




[PR]
【期間限定】2018年2月28日までにコチラからご登録の上、1ポイント以上獲得した方の中から、抽選で100名に1,000円相当のポイントが当たります
ライフメディアへ登録
ライフメディア

[PR]



ブログを運営されている方ならば、「WordPress」という言葉を目にしたことは何度もあると思います。
その意味を詳しくはわかっていなくても、ブログを作成したり、運営するために使用するものだということは、何となくでもご存じなのではないでしょうか。

WordPress(ワードプレス)というのは、「CMS(コンテンツ管理システム)」と呼ばれるソフトウェアの一種です。
CMSを利用することによって、HTMLやCSSといった専門的な知識がない方でも、テキストや画像といったコンテンツさえ用意すれば、簡単にウェブサイトを作成したり、運営することができます。



そう説明されても、あまりピンとこない方は少なくないかもしれませんね。
そっくりそのまま、一般的なブログサービスにも当てはまることですから、何がどうスゴイのかよくわからないとお感じになったとしても、全く不思議ではありません。
実際、このCMSは、ブログを運営していくためには、なくてはならないものであると言うことができます。

CMSを利用しているウェブサイトと、CMSを利用していないウェブサイト、両者の違いを理解していただくためには、ブログで言うならば、入れ物に相当するテンプレートと、中身に相当するテキストや画像といったコンテンツ、その関係を考えてみるとわかりやすいと思います。
一般的なブログサービス、つまり、CMSを利用しているウェブサイトでは、入れ物であるテンプレートと中身であるコンテンツは、それぞれに独立して別々に保存・管理することができます。
その一方で、CMSを利用していないウェブサイトでは、入れ物と中身は、原則としてページごとに一体になっているんです。

ブログであれば、テンプレートに何らかの変更を加えれば、その変更は全ての記事に反映されますよね。
でも、CMSを利用していないウェブサイトでは、そうは簡単にいきません。
ページ数が限られているウェブサイトであればまだいいですが、ブログのようにページ数がどんどん増えていくウェブを運営するのは、CMSなしでは多大な時間と労力が必要になってきます。
ブログ運営にCMSはなくてはならない、その意味をおかわりいただけたかと思います。

CMSが便利なものであることはわかった、でも、一般的なブログサービスであればどこでもCMSは利用できるはずでしょう、わざわざWordPressを利用する理由は何なの?
その答えを理解していただくために、前提として知っておかなければならないのは、WordPressを利用して運営されているブログというのは、無料ブログではなくて、独自ドメインを取得して運営されているブログだということです。

独自ドメインを取得して運営されているブログは、利用されているCMSで考えた場合に、大きく2つに分けることができます。
1つは、私のこのブログのように、FC2ブログなどのサービスにおいて、有料プランを契約して、そのサービスが用意しているCMSを利用して運営されているケース。
そして、もう1つが、レンタルサーバーを契約して、WordPressなどの任意のCMSを利用して運営されているケースです。

例えば、FC2ブログを運営するためのCMSは、FC2だけでしか利用できませんし、逆に言うならば、FC2ブログを運営するためには、無料プラン、有料プランの違いを問わず、FC2が用意しているCMSを利用しなければいけません。
もしも、ブログをFC2からよそへ引っ越したい、となった場合には、テキストや画像といったコンテンツについては、引っ越し先で再利用できたとしても、テンプレートについては、FC2ブログのCMSだけにしか対応していないため、また最初から作成し直していただく必要があります。
一方、WordPressであれば、そのような制約はありません。
引っ越し先のレンタルサーバーがWordPressに対応してさえいれば、テンプレートもコンテンツもそのまま引っ越すことができます。



また、テンプレートやプラグインの豊富さという理由も挙げられます。
FC2ブログなどのサービスにも、予め用意されている公式のものや、有志の方が作成されたテンプレート、プラグインがありますが、WordPressにも同じようにテンプレートやプラグインがあります。
テンプレートやプラグインは、当然のことながら、利用者が多くなればなる程、充実しますよね。
そして、WordPressの利用者は、控えめに言っても、ものすごく多いんです。

オーストリアのQ-Success社によれば、2017年12月時点での調査結果において、CMSを用いて運営されているウェブサイトのうち、その実に60%でWordPressが利用されているとのこと。
さらに、CMS利用の有無を問わず、インターネット全体で見た場合でも、30%近くのウェブサイトがWordPressで運営されているということです。
驚異的な数字ですよね。

WordPressというのがおおよそどういうものであるか、また、圧倒的な支持を得て、世界中で広く利用されているということを、おわかりいただけたでしょうか。

さて、先程もごく簡単に言及しましたが、私のこのブログは、WordPressで運営しているのではなくて、FC2ブログの有料プランを契約して、FC2のCMSを利用して運営されています。
実は、独自ドメインを取得しようと検討した際に、FC2ブログの有料プランを契約するか、それとも、WordPressを利用してブログを最初から作成し直すか、少なからず悩みました。
結果としては、FC2ブログの有料プランを契約することになりましたが、今でも、さらに上を目指すためには、WordPressの利用を検討してみるべきではないかと、考えてみたりすることがあります。

具体的に検討してみるまでには至っていないものの、もしも仮に、WordPressを利用してブログを作成し直すとしたら、どこのレンタルサーバーを契約するべきなのか、利用料金やサーバー稼働率といった汎用的な判断材料だけではなくて、WordPressを利用することを前提とした場合に、レンタルサーバーごとに何か違いはあるのだろうかと、ふと、そんなことが気になりました。
そんな時に目に留まったのが、GMOインターネット株式会社が運営しているWordPress専用サーバー「Z.com WP」です。

WordPressを利用すれば、一般的なブログサービスと同じように、専門的な知識がない方でも、簡単にウェブサイトを作成したり、運営できるということは、これまでにご説明させていただいた通りです。
ただし、それぞれのブログサービスの専用として用意されているCMSと比較してみると、汎用的なソフトウェアとなっているため、やはり、ブログサービスを利用する場合には必要のない設定などが、色々と必要になってきます。
Z.com WPでは、WordPress専用にサーバーが最適化されているため、通常のレンタルサーバーでWordPressを利用する際に必要となる設定は、運用支援機能の自動セットアップに任せることができます。



また、すでに他社のレンタルサーバーでWordPressを利用されている方が引っ越しをする場合に、それを支援してもらえる「かんたん引っ越し機能」もあります。
WordPressを始めとするCMSを利用すれば、テンプレートとコンテンツを、それぞれに独立して別々に保存・管理できるとご説明しましたが、それは、逆に言えば、サーバーを引っ越そうと思った時には大変だということ、そして、少なからず、技術的な知識も必要になってきます。
でも、Z.com WPのかんたん引っ越し機能をご利用いただければ、データベースのエクスポート、インポートといった、従来のサーバー引っ越しに必要だった面倒な作業に、手を煩わせられる必要はありません。



自動セットアップにしても、かんたん引っ越し機能にしても、面倒な部分は、極力、省略することができるように、支援機能が充実しているため、スムーズにウェブサイトの作成に取り掛かっていただくことができるというわけですね。
いずれも標準機能となっていますので、追加料金は不要です。

Z.com WPの利用料金についても確認しておきたいと思います。
Z.com WPには3つの契約プランが用意されていますが、その中でも最も低コストでご利用いただける「エントリープラン」では、初期費用1,000円+1ヶ月当たり400円(24ヶ月払いの場合)からとなっています(いずれも税別価格)。
エントリープランは、レンタルサーバーとしての基礎的な機能を備えたプランで、ディスク容量も10GBまでご利用いただくことができます。
一般的なブログを運営するレベルであれば、十分な容量ですよね。
私のこのブログは、無料プラン時代も含めると、約4年に渡って運営を続けてきましたが、使用済みのディスク容量をチェックしてみたところ、1GBを大きく下回っていました。

レンタルサーバーとして、さらに充実した機能を求める方には、アクセス増加時に自動で処理能力を増強するオートスケール機能を利用できる「ベーシックプラン」や、それに加えて大容量のファイルも扱える100GBのディスク容量を備えた「ビジネスプラン」も用意されています。
さらに、他社のレンタルサーバーからZ.com WPへお乗り換えいただける方には、今なら、最大で3,000円分のクーポンも。



無料ブログからステップアップして、WordPressを利用して新たにブログ作成にチャレンジしてみたいとお考えになられているという方や、あるいは、すでに他社のレンタルサーバーでWordPressを利用してブログを運営されているものの、ご契約中のレンタルサーバーに不満があって乗り換えたい、でも、専門的な知識がなく移行作業を問題なく行うことができるか自信がないという方は、手厚い支援機能が特徴のWordPress専用サーバー「Z.com WP」を検討されてみてはいかがでしょうか。

↓Z.com WPのご検討・ご契約はコチラからどうぞ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連キーワード

[PR]
【期間限定】2018年3月31日までにご登録いただけた方の中から、抽選で1,225名に最高1万円相当のポイントが当たります

キューモニター
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bee-dash.com/tb.php/15327-9b10730f

トラックバック

コメント

コメントの投稿 *「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます

管理者にだけ表示を許可する

各種クイズの答えを検索できます

最新記事

プロフィール

ハタラキバチ


ブログ管理者:ハタラキバチ

支出や個人情報が必要な案件は、極力ノータッチというスタンスでおこづかい稼ぎに臨んでいるため、広告利用は控えめ。
得意分野は、ブラウザの拡張機能やソフトウェアを活用した裏技 / 小技です。

零細投資家として株にも挑戦中。
スキルアップのためVBAの習得に取り組んでいます。

  • 通算獲得額 (2014/1~)
    :2,520,056円
  • 2018年1月度 獲得額
    :51,408円



獲得額ランキング

2018年1月度 獲得額:51,408 円
順位サイト名獲得額
1ランサーズ11,999円
2クラウドワークス4,532円
3ECナビ /
リサーチパネル
4,051円
4忍者AdMax3,516円
5A8.net2,527円
6Gポイント2,117円
7キューモニター2,017円
8ポイントタウン1,999円
9medi81,791円
10ハピタス1,771円

通算獲得額(2014/1~):2,520,056円
順位サイト名獲得額
1クラウドワークス587,083円
2ランサーズ397,480円
3infoQ150,943円
4げん玉108,185円
5A8.net96,831円
6キューモニター83,935円
7ポイントタウン75,585円
8マクロミル51,218円
9ECナビ /
リサーチパネル
50,406円
10ちょびリッチ45,892円

ブログランキング参加中

くる天 人気ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログに掲載されている情報は、当該記事の執筆当時におけるものであり、最新の情報とは異なる可能性がございます。
特に、友達紹介特典については、キャンペーン開催や制度改定により、特典内容が変更されることがございますので、ご注意下さい。

また、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、その正確性を保証するものではございません。
当ブログの利用により生じた、いかなる損害についても、その責任は負いかねますので、情報の取り扱いは自己責任にてお願い致します。