【小技】ポップアップを新しいウィンドウではなく新しいタブで開く

スポンサーリンクのクリックは、おこづかいサイトの基本中の基本、少ない手間で確実にポイントを獲得できる貴重なポイント供給源です。
ただし、内容的には何の面白味もないため、場合によっては負担に感じることもあるのではないでしょうか。
リンクのクリックに関する主な不満としては、次のようなケースが考えられます。

1. ポップアップウィンドウが開く度に、いちいち閉じなければならないのは面倒だ。
2. リンクを開くと強制的に新しいタブに移動するので、元のタブに戻る手間が煩わしい。
3. 大量のリンクをクリックしなければならないのは骨が折れる。
4. クリック済みなのに文字色が変わらないリンクがあって、クリック済みなのかどうか区別がつかなくなる。

上記のうち、4.については、過去に【小技 / げん玉】「詳しく見て1pt」のクリック済みリンクが見分けられるという記事で触れましたが、残りの3つについて、順番に3回に分けて解決方法を紹介します。

シリーズ1回目となるこの記事では、ポップアップを新しいウィンドウではなく新しいタブで開く方法を紹介します。

コチラもご参照下さい。
→第2回【小技】新しいタブを左クリックでバックグラウンドに開く
→第3回【小技】範囲選択した複数のリンクを一括して開く




[PR]
【期間限定】2017年11月30日までに新規登録の上、12月31日までに1,000円以上現金にポイント交換すると、特典としてさらに1,000円相当のポイントを獲得できます
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ポイントタウン


[PR]
【期間限定】2017年12月31日までにコチラからご登録の上、登録日の翌々月末までに1,000円分以上ポイント交換が完了すると、通常特典1,000ポイントに加えて5,000ポイント獲得できます
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
ポイントインカム




利用者の意に反して開かれるポップアップウィンドウは、実に煩わしい存在です。
その都度、ウィンドウを閉じるのが面倒になって、次から次へとポップアップウィンドウを開いた結果、タスクバーが過密状態になってしまった、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

ブラウザの標準機能でポップアップをブロックすることも可能ですが、多くのおこづかいサイトで、ポップアップブロックの解除、もしくは、例外設定が推奨されています。
おこづかいサイトで開かれるポップアップウィンドウは、その多くがポイントの獲得を通知する内容です。
経験上、ポップアップをブロックしてもポイントは正常に獲得できますが、ポイントが獲得できたのかどうかわからなくなるのは、何となく不安ですよね。

また、コンテンツとしてポップアップが不可欠なケースもあります。
具体例を挙げると、げん玉の「ポイントの森」やPotoraの「Poto3」などです。
ポップアップブロック自体は有効にしておいて、ポップアップが必要なサイトだけ例外的に許可設定するという選択肢もありますが、それは使い慣れたサイトだからこそ有用な対策で、初めて利用するサイトではポップアップが必要か不要か、即座に判断することはできません。
ポップアップブロックが原因でサイトの動作に支障が生じる可能性があり、また、実際にそうなった時に、ポップアップブロックが原因だと見抜くのは、誰にでも簡単にできることではないでしょう。

そこで提案したいのが、ポップアップブロックは解除し、ポップアップを新しいウィンドウではなく新しいタブで開く、という方法です。
ウィンドウとは異なり、タブは「他のタブを閉じる」「右側のタブを閉じる」といったメニューを使用することで、1度に複数の対象を閉じることができるため、手間もかかりません。

具体的な手順は下記の通りとなります。
ブラウザによって手順が異なりますので、ご利用のブラウザに合わせて手順を進めて下さい。
画像はクリックすると拡大します。
Firefox
Google Chrome
Internet Explorer



Firefox

* 2017年11月現在、最新バージョンのFirefoxには対応していませんので、ご注意下さい。

実現可能な拡張として「Tab Mix Plus」「Super Tab Mode」「リンクを新しいタブで開く」などがあります。
タブ関連の動作や見た目を色々と設定できるTab Mix Plusに対して、Super Tab Mode、リンクを新しいタブで開くの順に、機能が絞り込まれていく感じです。

Tab Mix PlusとSuper Tab Modeは、不満点2.の強制的に新しいタブに移動する問題の解決策にもなりますが、注意点として、Super Tab Modeには、右クリックメニューの「新しいタブで開く」を使用してリンクを開くと、新しく開いたタブに移動してしまう、問題があります。
この欠点の影響は決して小さくはなく、具体的にどう問題かという内容は、シリーズ2回目の記事で改めて解説しますが、この理由から、当ブログではTab Mix Plus、もしくは、リンクを新しいタブで開くのいずれかの利用を推奨します。



■Tab Mix Plus

コチラからダウンロードいただけます。
Tab Mix Plus

ポップアップを新しいタブで開くだけなら、特に設定の必要はなくインストールするだけでOKですが、上記した通り、Tab Mix Plusは多目的な拡張機能です。
初期設定のままでは使いにくくなってしまう面や、是非とも使ってもらいたいという機能もありますので、Tab Mix Plusの主な機能について、下記に列挙します。

TabMixPlus メニューバー ツール TabMixPlusオプション

Tab Mix Plusの設定画面を開くには、メニューバーの「ツール」をクリックして、メニューから「Tab Mix Plus オプション」を選択します。

TabMixPlus 新しいウィンドウに開くリンクの開く場所

リンク」にある「新しいウィンドウに開くリンクの開く場所」の項目を変更することで、ポップアップを新しいウィンドウではなく新しいタブに開くことができるようになっています。

TabMixPlus 以下のタブにフォーカス

イベント」の「タブに開く」にある「以下のタブにフォーカス」は、不満点2.の強制的に新しいタブに移動する問題に関連する項目です。
シリーズ2回目で改めて解説しますが、「リンクから開いたタブ」と「新しいウィンドウに開くはずだったタブ」のチェックを外すことで、問題は解決します。

TabMixPlus 閉じたタブを復元の機能を有効にする

TabMixPlus 最近閉じたタブのリスト

イベント」の「タブ機能」にある「閉じたタブを復元の機能を有効にする」にチェックを入れると、ツールバーの「最近閉じたタブのリスト」ボタンから、最近閉じたタブを再度開くことができるようになります。

TabMixPlus 多段表示にする

TabMixPlus 多段表示にする タブバー

表示」の「タブバー」にある「一段に収まらない数のタブを開いた場合、タブバーを」の項目で「多段表示にする」を選択すると、1段では表示しきれないタブを多段表示できるようになります。

TabMixPlus 表示 タブ

TabMixPlus 表示 タブ ハイライト スタイルをカスタマイズ

表示」の「タブ」にある「ハイライト」の項目では、タブを表示するスタイルを指定できます。

タブ表示」の項目にある「プログレスメーター(タブ)」のチェックを外すことで、ページ読み込みの進捗度を表示するメーターを非表示にすることができます。

タブ幅」の項目では、その名の通り、タブの最小幅と最大幅を指定することができます。
上記の多段表示を使用する場合は、合わせて設定しておきたい項目です。

TabMixPlus メニュー

メニュー」の項目では、右クリックメニューの追加 / 削除や、Firefoxで使用するショートカットキーの設定ができます。

ページのコンテキストメニューに表示する項目」にある「選択範囲のリンクを新しいタブで開く」は、不満点3.の大量のリンクをクリックする場合に有用な機能です。
文字をコピーする時の要領でリンクを範囲選択した後、右クリックメニューから選択範囲のリンクを新しいタブで開くを選択すると、複数のリンクを一括して新しいタブに開くことができます。

なお、Tab Mix Plusの設定については、下記のサイトにて詳しくご解説下さっています。
さらに細かく設定したい方は、参考にしてみて下さい。
Mozilla Firefox Thunderbirdの拡張あれこれ - Tab Mix Plusの設定



■リンクを新しいタブで開く

コチラからダウンロードいただけます。
リンクを新しいタブで開く

Firefox アドオン

リンクを新しいタブで開くの設定画面を開くには、右上の三本線のボタン、もしくは、メニューバーの「ツール」をクリックして、メニューから「アドオン」を選択します。
インストール済みの拡張機能の一覧(50音順)が表示されるので、リンクを新しいタブで開くの「設定」をクリックして下さい。

Firefox リンクを新しいタブで開く スクリプトで開かれるウィンドウはすべてタブで開く

スクリプト」の「スクリプトで開かれるウィンドウはすべてタブで開く」にチェックを入れて、OKをクリックすれば完了です。



Google Chrome

実現可能な拡張として「One Window」「Link Blanker」「Tab Position Customizer 2」「Tab Position Options」「TPC」などがあります。

One Windowは、設定自体がなく、シンプルなものを好む方にオススメです。
Tab Position Customizer 2とTab Position Options(日本語非対応)は、不満点2.の強制的に新しいタブに移動する問題の解決策にもなります。
Link BlankerとTPCは、私のPC環境では、1度に複数のポップアップが開かれると、タブではなくウィンドウで開いてしまうという問題が発生しました。

上記の理由から、当ブログでは、One Window、もしくは、Tab Position Customizer 2のいずれかの利用を推奨します。



■One Window

コチラからダウンロードいただけます。
One Window

上記の通り、One Windowには設定自体がありませんので、インストールするだけでOKです。



■Tab Position Customizer 2

コチラからダウンロードいただけます。
Tab Position Customizer 2

GoogleChrome その他のツール 拡張機能

Tab Position Customizerの設定画面を開くには、右上の三本線のボタンをクリックして、メニューから「その他のツール」を選択し、さらに「拡張機能」を選択します。
インストール済みの拡張機能の一覧(50音順)が表示されるので、Tab Position Customizer 2の「オプション」をクリックして下さい。

GoogleChrome TabPositionCustomizer2 ポップアップをタブとして開く

「その他」の項目にある「ポップアップをタブとして開く」にチェックを入れて、オプションのタブを閉じれば完了です。



Internet Explorer

ブラウザの設定を変更することで可能となります。

InternetExplorer インターネットオプション

右上の歯車のボタン、もしくは、メニューバーの「ツール」をクリックして、メニューから「インターネットオプション」を選択します。

InternetExplorer インターネットオプション タブ

インターネットオプションの「全般」にある「タブ」をクリックします。

InternetExplorer タブブラウズの設定 常に新しいタブでポップアップを開く

「ポップアップの発生時」の項目にある「常に新しいタブでポップアップを開く」にチェックを入れてOKをクリックし、インターネットオプションもOKをクリックして閉じれば完了です。



ポップアップウィンドウが開く度に、いちいち閉じなければならない問題への対策として、ポップアップを新しいウィンドウではなく新しいタブで開く方法の解説は、以上で終了です。
次回、シリーズ2回目は、リンクを開くと強制的に新しいタブに移動する問題を解決するために、新しいタブを左クリックでバックグラウンドに開く方法を解説します。

コチラもご参照下さい。
おこづかいサイトで稼ぐための【裏技 / 小技】

なお、掲載されている情報は執筆当時におけるものであり、最新の状況とは異なる可能性がありますので、ご注意下さい。
また、拡張機能によっては、インストール後にブラウザの再起動が必要な場合がありますので、意図した動作をしないなどの問題があれば、まずはブラウザの再起動をお試し下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連キーワード

[PR]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bee-dash.com/tb.php/243-b677034e

トラックバック

コメント

[C59] 丁度、設定したかったことが!

こんばんは。
先日は、コメントありがとうございました。

ポップアップの表示を変更したいな~と考えていたところに目に留まった記事。詳しく書いてくださっていてありがとうございます。
さっそく設定してみました!

いつも訪問させていただいて思うのですが・・ブログのデザインとっても凝ってられてますね。
ゲームがやりたくなります☆

コメントの投稿 *「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます

管理者にだけ表示を許可する

クロスワード / ポイントQの答えを検索できます

最新記事

プロフィール

ハタラキバチ


ブログ管理者:ハタラキバチ

支出や個人情報が必要な案件は、極力ノータッチというスタンスでおこづかい稼ぎに臨んでいるため、広告利用は控えめ。
得意分野は、ブラウザの拡張機能やソフトウェアを活用した裏技 / 小技です。

零細投資家として株にも挑戦中。
趣味は農場経営です。

  • 通算獲得額 (2014/1~)
    :2,306,466円
  • 2017年10月度 獲得額
    :74,893円



獲得額ランキング

2017年10月度 獲得額:74,893円
順位サイト / アプリ名獲得額
1ランサーズ22,581円
2クラウドワークス14,752円
3A8.net6,208円
4infoQ4,954円
5medi84,228円
6忍者AdMax2,706円
7キューモニター2,643円
8ポイントインカム2,254円
9げん玉1,557円
10ポイントタウン1,320円

通算獲得額(2014/1~):2,306,466円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス528,061円
2ランサーズ363,169円
3infoQ140,691円
4げん玉103,882円
5A8.net92,237円
6キューモニター78,695円
7ポイントタウン70,125円
8マクロミル47,819円
9ちょびリッチ43,171円
10ECナビ /
リサーチパネル
38,393円

ブログランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当ブログに掲載されている情報は、当該記事の執筆当時におけるものであり、最新の情報とは異なる可能性がございます。
特に、友達紹介特典については、キャンペーン開催や制度改定により、特典内容が変更されることがございますので、ご注意下さい。

また、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、その正確性を保証するものではございません。
当ブログの利用により生じた、いかなる損害についても、その責任は負いかねますので、情報の取り扱いは自己責任にてお願い致します。