【アフィリエイト講座】自己アフィリエイトのススメ

突然ですが、おこづかいサイトの経営がどのような仕組みで成り立っているか、ご存じでしょうか?

おこづかいサイトの利用者がスポンサー広告をクリックしたり、あるいは、広告主のサイトでサービスを利用したりすることで、広告主からおこづかいサイトに報酬が支払われて、その一部が利用者に還元される、といった仕組みをイメージされる方が多いかもしれません。
上記のように、広告主からおこづかいサイトへ報酬が直接支払われるというケースもあるのかもしれませんが、多くの場合、代理店であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)が仲介しています。
おこづかいサイトというのは、規模の大きなアフィリエイターに過ぎないわけです。

自己アフィリエイト アフィリエイター

上の図は一般的なアフィリエイトの流れを表しています。
それに対して、おこづかいサイトの場合は、下の図のような流れになります。

自己アフィリエイト おこづかいサイト

ASPもアフィリエイターも、もちろん、おこづかいサイトも、慈善事業ではなく営利目的なので、広告主からASPに支払われる報酬よりも、ASPからアフィリエイターやおこづかいサイトに支払われる報酬は、当然ながら、少なくなります。
おこづかいサイトからサイト利用者に支払われる報酬が、そこからさらに少なくなることは、言うまでもありません。

貼るだけアフィリエイトの浸透などもあって、おこづかいサイトだけではなく、アフィリエイトも利用しているという方は多いと思います。
折角、アフィリエイトを利用しているのなら、おこづかいサイトを経由して報酬額を減らすよりも、より高い報酬をASPから直接受け取ろう、というのが、自己アフィリエイトのススメです。

[PR]
【期間限定】2017年5月31日までにご登録の上、銀行口座登録まで完了すると、最高10万円が当たるチャンス!
カンファレンスバナー
afb(アフィリエイトB)

【期間限定】2017年5月31日までにコチラからご登録いただけると、抽選で10名に1,000円相当のポイントが当たります
ライフメディアへ登録
ライフメディア


自己アフィリエイトとは、ASPを通じて提携した広告主のサービスをアフィリエイター自身が利用することで、成果を発生させて、アフィリエイト報酬を受け取る仕組みを指します。
自己アフィリエイト需要の高まりに対応して、広告主との提携不要で自己アフィリエイトが可能なサービスを提供するASPもあります。
A8.net」の「セルフバック」、「バリューコマース」の「バリューポイントクラブ」、「アクセストレード」の「アフィバックモール」などです。

自己アフィリエイトの具体的な利用方法は、各ASPにわかりやすい解説が用意されていますので、そちらをご参照いただくとして、この記事では、自己アフィリエイトを実践するに当たって役立つちょっとしたテクニックを紹介します。



新規案件は常にチェックして自己アフィリエイトを使い倒すという方は別として、おこづかいサイトで好条件の案件を見つけた時に、自己アフィリエイトが可能なら利用してみたいという方もいらっしゃると思います。
自己アフィリエイトが可能かどうかを知るためには、対象となる案件をどのASPが取り扱っているのか知る必要があります。

当たり前の話ですが、おこづかいサイトに取り扱いASPが記載されているわけではありません。
何の得にもならないのに、より好条件で利用できる方法をわざわざ紹介することになりますからね。
ですから、表立って記載はしていませんが、取り扱いASPは簡単な操作で確認することができます。

具体的な手順は下記の通りとなります。
項目の名称に若干の違いはありますが、操作自体にはFirefox / Google Chrome / Internet Explorerのいずれも違いはありません。
Firefox コンテキストメニュー 要素を調査 GoogleChrome コンテキストメニュー 要素を検証 InternetExplorer 要素の検査
(画像は左から順に、Firefox / Google Chrome / Internet Explorerです)

対象となる案件の画像を右クリックして、メニューから「要素を調査(Firefox)」「要素を検証(Google Chrome)」「要素の検査(Internet Explorer)」を選択すると、下の画像のようなツールがブラウザ下部に表示されます。
画像はInternet Explorerの「開発者ツール」ですが、FirefoxとGoogle Chromeも大きな違いはありません。

InternetExplorer DOMExplorer img

ここに表示されているのは、ウェブサイトの設計書とでも言うべき「ソースコード」です。
ソースコードのうち、右クリックされた画像に該当する部分が反転表示されます。

<img src="http://blog-imgs-68.fc2.com/o/k/o/okodukaibeedash/obd_header_title.png">

「img」は画像を表示させることを表し、その後に続く「src」が画像の保存場所、つまり、画像のURLを表します。
アフィリエイトに使用される画像は、通常の場合、それぞれのサイトに保存されるのではなく、ASPに保存されている画像を参照する形を取っているため、画像のURLを調べることで、取り扱いASPを知ることができるわけです。

下記は一例です。
A8.netwww●●.a8.net *
バリューコマースad.jp.ap.valuecommerce.com
アクセストレードh.accesstrade.net
アフィリエイトBwww.affiliate-b.com
* ●●の部分には数字が入りますが、案件によって異なります。

通常の場合はそれぞれのサイトではなくASPに保存されている、と先に触れましたが、画像を自社サイトに保存してあるケースもあります。
この場合は、上記の方法で取り扱いASPを調べることはできませんので、ご注意下さい。



最後に、おこづかいサイトでの広告利用について。
ASPからより高い報酬を得ることができるなら、おこづかいサイトでの広告利用はノータッチでOK、というわけではありません。
自己アフィリエイトが利用できない案件はたくさんあり、また、そもそも、個人アフィリエイター向けには公開されていない案件もあるからです。

これまで、1ポイントでも多く獲得するために、案件ごとに複数のおこづかいサイトを比較していたという方は少なくないと思います。
それに加えて、自己アフィリエイトの可否の確認となると、手間の多さに二の足を踏む方もいらっしゃることでしょう。
確かに手間は増えますが、それに見合うだけの大きな価値があります。
おこづかいサイトを経由した場合の報酬と、ASPから直接受け取ることのできる報酬を比較してみれば、きっと驚くはずです。



いかがだったでしょうか。
このブログがきっかけで、自己アフィリエイトに興味を持っていただければ、幸いです。

なお、掲載されている情報は執筆当時におけるものであり、最新の状況とは異なる可能性がありますので、ご注意下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連キーワード

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bee-dash.com/tb.php/335-414a1b9f

トラックバック

コメント

コメントの投稿 *「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます

管理者にだけ表示を許可する


クロスワード / ポイントQの答えを検索できます

最新記事

プロフィール

ハタラキバチ


ブログ管理者:ハタラキバチ

支出や個人情報が必要な案件は、極力ノータッチというスタンスでおこづかい稼ぎに臨んでいるため、広告利用は控えめ。
得意分野は、ブラウザの拡張機能やソフトウェアを活用した裏技 / 小技です。

  • 通算獲得額 (2014/1~)
    :1,956,740円
  • 2017年4月度 獲得額
    :68,795円



獲得額ランキング

2017年4月度 獲得額:68,795円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス29,672円
2ランサーズ10,819円
3キューモニター2,550円
4ハピタス2,187円
5ECナビ /
リサーチパネル
2,075円
6infoQ1,897円
7ポイントインカム1,801円
8ちょびリッチ1,239円
9げん玉1,235円
10A8.net1,112円

通算獲得額(2014/1~):1,956,740円
順位サイト / アプリ名獲得額
1クラウドワークス423,688円
2ランサーズ304,310円
3infoQ117,924円
4げん玉92,752円
5A8.net77,477円
6キューモニター66,561円
7ポイントタウン64,666円
8マクロミル42,122円
9ちょびリッチ37,844円
10ECナビ /
リサーチパネル
34,271円

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: