これさえ知ればFXは怖くない【ポイ活ユーザー向け基礎知識】

お小遣いサイトに掲載される広告のうち、高額ポイントが付与される案件の代表例といえば、クレジットカードとFXですよね。
でも、クレジットカードはともかく、FXは何だか漠然と怖い、あるいは、難しいというイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

FX案件の高額ポイントは魅力的だけど、不安で手を出せずにいる、そんなあなたのために、FXの基礎知識をまとめました。


[特集]
GetMoney!

[PR]

FXとは

FXは、外国為替を意味する「Foreign eXchange」の略で、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。

通貨の交換レート、いわゆる為替レートは、お小遣いサイトのポイント交換レートように固定されているのではなく、日々、変動します。
この変動するレートの差額により、収益を得ることを目的としているのが、FXです。

1ドル=100円のレートで100万円をドルへ変えて、後日、そのドルを日本円へ戻すという例で考えてみましょう。
1ドル=100円なので、100万円は1万ドルになりますね。
その後、円安ドル高になった場合、円高ドル安になった場合、それぞれに見てみます(ここではスプレッドは考えないものとします)。

FX

上記がFXのおおまかな仕組みです。
安く売って高く売る、どんな商売でも同じですよね。

1ドル=100円から1ドル=110円へレートの日本円が増えているのに、円高ではなくて円安なの?と腑に落ちない方は、次のように考えるとわかりやすいかもしれません。
100円出せば1ドルと交換してもらえたのに、110円出さないと交換してもらえなくなった、つまり、日本円の価値が下がった=円安になった。

なお、後から買い戻す約束で、先に売って後から買う「空売り」と手法もありますが、これは順序が逆になっただけです。
安く売って高く売る、ではなくて、高く売って安く買う、ってこと。

lotとは

お小遣いサイトに掲載されるFX案件のポイント付与条件は、主に次の2パターンがあります。

  1. 口座開設のみ、取引は不要。
  2. 取引○万通貨以上、もしくは、○lot以上。まれに○回以上というパターンも。

口座開設のみのパターンは説明はいりませんね。
問題は、取引○万通貨、○lotというパターンです。
○回なら意味はわかるけど、通貨?lot?○万円分ってこと?と、戸惑ってしまいますよね。

お小遣いサイトのポイントを、他のポイントや電子マネーなどに交換する際、交換できる単位がありますよね。
それと同じで、FXにも取引できる単位があるんです。
その単位を「lot(ロット)」といいます。

FX会社や取引する通貨によっても違いはありますが、1lot=1万通貨となっている場合が多く、例えば、米ドル/日本円であれば、1万ドル分の取引が1lotになります。
ただし、FX会社によって1lotは1,000通貨だったり、10万通貨だったり、あるいは、同じ会社でも通貨によって1lotの単位が異なる場合もありますので、lotはしっかり確認しておかなければならないポイントです。

レバレッジとは

さて、前項のlotの説明をお読みになっていて、不安になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
1万ドル単位でしか取引できないってことは、1ドル=100円だとしたら、100万円単位でしか取引できないってこと?ってね。

ここでポイントになるのが「レバレッジ」です。
レバレッジとは、テコの作用のこと。
小さな力を大きな力に変える、テコの原理のあのテコです。

FXでは、このレバレッジの仕組みを利用することで、自己資金の最大で25倍の取引が可能となります。
イメージとしては、口座に入金したお金を担保として、FX会社からお金を借りて取引をする、という感じですね。

1ドル=100円で1万通貨の買付をする例を見てみましょう。

レバレッジ

25倍のレバレッジをかければ、上記の通り、自己資金が4万円あれば1万通貨の取引ができます。
100万円単位でしか取引できないのー?というところから、随分と現実的な金額になりましたね。

今回は米ドル/日本円の例を見てみましたが、もっと少ない資金で1lotの取引ができる通貨もあります。
南アフリカ共和国のランドなどはその代表例。
ここ1年は1ランド=7~8円程度のレートになっています。

一時的に入金するだけとはいえ、4万円でも難しいという方は、ランドなどドル以外の通貨を検討してみるという方法もありますよ。
ただし、前項でも言及しましたが、通貨によってlotの単位が異なる場合もありますので、くれぐれもご注意を。

また、自己資金以上の取引ができるということは、より大きな利益を期待できると同時に、万が一、損失が出た場合にもその金額が大きくなるリスクがある、ということです。
この記事は、本格的な取引をする方へ向けて作成した内容ではありませんので、深くは掘り下げませんが、そういったリスクもある仕組みだということだけは、しっかり理解しておいて下さい。

スプレッドとは

最後に「スプレッド」について説明しておきましょう。
スプレッドとは、買値と売値の差額のことです。

ある時点での米ドル/日本円の買値レートが1ドル=100円だったとします。
では、同じ時点での売値レートも同じく1ドル=100円かというと、そうではないんです。

例えば、スプレッドが1銭だった場合、買値レートに対して1通貨当たり1銭差し引かれた金額が売値レートになります。
買値が1ドル=100円の時、売値は1ドル=99.99円になる、ということです。
買付をして、値動きがないうちに売付をすると、スプレッドの分、損をすることになりますね。

スプレッド

FX会社は、この差額から収益を得ているんです。
国内のほとんどのFX会社では、口座維持費や取引手数料が無料となっていますが、お小遣いサイトでFX案件を利用する際には、スプレッドが自己負担額になる、と考えておきましょう。
米ドル/日本円で0.3銭程度(=1lotの取引で30円)、南アランド/日本円だと1銭程度の会社が多いです。



ポイ活ユーザー向けに、FXの基礎知識をざっくりとご紹介しました。
要所要所さえ気をつければ、思っていたほど難しくなさそう、そうお感じになっていただけたのではないでしょうか。

数千円から、時には1万円以上が還元されるFX案件。
これまでは躊躇していたという方も、是非チャレンジしてみて下さい。

[特集]
ECナビ

[オススメ]
ポイントインカム

関連キーワード

■投資・貯蓄の最新記事

コメント

コメントを書く

*「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます
ECナビでウェル活をもっとお得に
[PR]
ポイントインカム
[PR]