【ECナビ】セントラル短資FX 口座開設+取引で27,000円還元!取引は10回以下?!

ポイントサイト「ECナビ」にて、FX案件「セントラル短資FX」が9月30日までポイントアップしています。

取引量は多めですが、ビビる必要はないですよ。
自己資金が3万円なら15回くらい、10万円なら5回くらいの取引で条件をクリアすることもできます。

セントラル短資FX

[オススメ]
ECナビ
[オススメ]
YJFX!

    目次

  1. ECナビ経由のお申込で9/30まで27,000円還元
  2. 200万通貨ってどういう意味?
  3. メキシコ・ペソ/円なら取引回数は米ドル/円の20分の1
  4. メキシコ・ペソ/円は取引コストがイチバン安い
  5. メキシコ・ペソ/円ならキャッシュバックキャンペーンも
  6. 入金額はご都合に合わせて
  7. ECナビにて新規会員登録キャンペーン開催中
  8. ECナビとは

ECナビ経由のお申込で9/30まで27,000円還元

セントラル短資FX
セントラル短資FX


2020年9月30日までに、ECナビを経由してセントラル短資FXへ新規口座開設をお申込の上、60日以内に200万通貨以上の取引をされた方に、27,000円相当のポイントが還元されます。
取引コストを差し引いても、25,000円くらいのお小遣いが見込めますよ。

    主な注意点

  1. 判定完了前までに出金した場合は、ポイント付与の対象外になります。
  2. セントラル短資FXには、裁量トレードの「FXダイレクトプラス」と、システムトレードの「セントラルミラートレーダー」の2種類がありますが、対象はFXダイレクトプラスのみとなります。

200万通貨ってどういう意味?

例えば、ドル/円の取引であれば、200万ドル分の取引が必須、ということです。
米ドル/円のレートは、現在、1ドル=106円くらいなので、106×200万=2億1,200万円分の取引ということになりますね。

ドル/円

200万通貨を1度に取引する必要はありませんので、ご安心を。
売買を繰り返して、累計で200万通貨になればいいんです。

とはいっても、2億円というのはさすがに無茶だ、と思いますよね。
ここでポイントになるのが「レバレッジ」です。

レバレッジとは、テコの作用のこと。
小さな力を大きな力に変える、テコの原理のあのテコです。

FXでは、このレバレッジの仕組みを利用することで、証拠金(自己資金)の最大で25倍の取引が可能となります。
イメージとしては、口座に入金したお金を担保として、FX会社からお金を借りて取引をする、という感じですね。

レバレッジのおかげで、200万ドルの取引に必要な証拠金は、累計で848万円くらいになります。

    米ドル/円の取引例

  1. 証拠金を5万円入金
  2. 42,400円×25倍=1,060,000円を10,000ドル
  3. すぐに売って日本円へ戻す

  4. これを200セット繰り返せば200万通貨になります。

取引例として、上記では米ドル/円を取り上げましたが、取引する通貨ペアは指定されていません。
ポイント付与条件クリアのために取引する通貨ペアとしては、メキシコ・ペソ/円がオススメです。

理由は3つあります。

オススメ理由その1. 取引回数は米ドル/円の20分の1

現在、1ドル=106.5円くらいの米ドル/円に対して、メキシコ・ペソ/円は、1ペソ=5円くらい。
同じ金額の証拠金でも、メキシコ・ペソの方が1度に多く買えるので、少ない回数で200万通貨取引ができるんです。

    メキシコ・ペソ/円の取引例

  1. 証拠金を5万円入金
  2. 40,000円×25倍=1,000,000円を200,000ペソ
  3. すぐに売って日本円へ戻す

  4. これを10セット繰り返せば200万通貨になります。

証拠金は同じ5万円でも、米ドル/円の100回取引に対して、メキシコ・ペソ/円なら、その20分の1の10回取引で条件をクリアできます。

オススメ理由その2. 取引コストがイチバン安い

1度に多く買える通貨ペアとしては、他にも南ア・ランドやトルコ・リラがありますが、取引コストの面ではメキシコ・ペソに及びません。

メキシコ・ペソ/円は、通常のスプレッドが0.3銭のところ、2020年7月1日~10月2日の期間中は0.2銭となっています。
セントラル短資FXでは、米ドル/円と並んで、取引コストをイチバン安く抑えられる通貨ペアなんです。

0.2銭×200万通貨=4,000円
メキシコ・ペソ/円を200万通貨取引するコストは、4,000円となります。

メキシコペソ/円 スプレッド縮小キャンペーン
メキシコペソ/円 スプレッド縮小キャンペーン


スプレッドとは

買値レートと売値レートの差額のことです。
例えば、スプレッドが1銭だった場合、売値レートは、買値レートに対して1通貨当たり1銭差し引かれた金額になります。
スプレッド1銭で、買値レートが1ドル=100円の時、売値レートは1ドル=99円99銭になります。

レバレッジやスプレッドについては、FXの基礎知識をまとめた記事がありますので、そちらもご参考にどうぞ。

← コチラもご参照下さい。
これさえ知ればFXは怖くない【ポイ活ユーザー向け基礎知識】


オススメ理由その3. キャッシュバックキャンペーンも開催中

セントラル短資FX側で、新規口座開設の翌月末までを対象として、対象通貨ペアの取引量に応じて、キャッシュバックされるキャンペーンが開催されています。
メキシコ・ペソ/円は対象通貨ペア、対して、米ドル/円は対象外なんですね。

ポイント付与条件の200万通貨を取引した場合だと、2,000円のキャッシュバックがあります。
ポイント還元、取引コスト、キャッシュバックを引っくるめて、
27,000-4,000+2,000=25,000
25,000円くらいGETできる計算に(売買時の為替レート変動により、多少の増減はあります)。

さらに、頑張って500万通貨取引すれば、キャッシュバックが10,000円になるので、還元額の上積みも期待できますよ。
27,000-10,000+10,000=27,000

なお、キャッシュバック時に現金残高がないと、対象外になってしまうので、ご注意を。
200万通貨取引を完了して、広告利用が承認された後も、キャッシュバックされるまで全額出金は厳禁ですよ。
キャッシュバックは、口座開設の翌々月末までに入金されます。

新規口座開設プログラム
新規口座開設プログラム


入金額はご都合に合わせて

取引例の入金額・取引回数は、飽くまで目安なので、多く入金して取引回数を少なくしたり、逆に、取引回数を増やして入金額を減らしても問題ありません。
ご都合に合わせて、やりやすいように進めて下さい。

メキシコ・ペソ/円の必要取引回数

例えば、3万円入金して、メキシコ・ペソ/円(現在1ペソ=5円くらい)を取引するなら、取引コストの4,000円を差し引いて、
26,000円×25倍÷5円=約130,000
1度に130,000通貨くらい取引できます。

200万通貨÷130,000通貨=約15.4
130,000通貨ずつ、16回くらいの取引が必要という計算になります。

ECナビにて新規会員登録キャンペーン開催中

2020年9月1日~9月30日の期間中、紹介リンク経由でECナビへ新規会員登録の上、ポイント交換をされた方に、もれなく1,000円分のアマゾンギフト券をプレゼント。

ECナビでは、300円相当からポイント交換ができます。
登録後、本人認証を完了すると、150円相当のポイントがすぐに付与されるため、なんとこれだけで、ポイント交換まで残り150円になっちゃうんです。

このチャンスにECナビを始めてみませんか?



ECナビとは

ECナビが広告還元率の高いサイトかときかれると、答えに困るというのが正直なところです。
他のポイントサイトと比較して、頭一つ抜けた高還元案件が飛び出す一方で、主要サイトの中でいちばん還元率が低い案件も、チョクチョクあります。

複数のポイントサイトを併用されている方なら、全体的に広告還元率は高めだけど最高還元の案件は滅多にない、というサイトよりは、こういうメリハリがあった方が嬉しいですよね。
ポイントアップ情報などをこまめにチェックしておけば、とびきりの高還元案件に巡り会えるかもしれませんよ。

また、ECナビでは、ウェル活人気の高まりを受けて、姉妹サイトでもあるポイント交換サイト「PeX」と連動する形で、Tポイントへお得にポイント交換できるキャンペーンを毎月開催しています。
ただでさえお得なウェル活がもっとお得に、お得の2重取りをしちゃいましょう!

← ECナビ
← 紹介記事はコチラ

ECナビ →
ご登録はコチラ →


なお、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、万が一、誤りがあった場合でもその責任は負いかねます。
注意事項など、ご自身にて再度ご確認の上、自己責任でのご利用をお願いします。

[オススメ]
ハピタス
[オススメ]
auカブコム証券
ECナビの最新記事

コメント

  1. ポイント付与が否認されたことありますか?

    こんにちは!いつも参考にさせていただいております。コメント失礼します。
    ポイントサイトを利用していてポイント付与を否認されたことありますか?
    先日、モッピーを通じてFXTFの口座開設の申し込みをして、その後条件を満たす取引をしたにも関わらず否認されてしまいました。納得がいかないので現在、モッピーに調査依頼をしています。
    そんな経験おありですか?そういった場合の対処法はサイトへの調査依頼しかないでしょうか。何かありましたらお願いいたします。

    2019/10/19 13:05

    tackmemo

  2. tackmemoさん

    広告利用が否認と判定されるのは、よくあるとまでは言いませんが、珍しいことではありません。
    原因は、システムトラブルだったり、人為的なミスだったり、広告主とポイントサイトとの認識の違いだったり、色々です。

    対処としては、ポイントサイトのサポートへ問い合わせる他に、できることはありません。
    広告主への問い合わせは絶対にNGです。

    問い合わせても、それでもポイントが付与されなかった経験は、私はありませんが、tackmemoさんのケースでもポイントが付与されるか、そればかりは私には何とも言えません。

    少なくとも、真っ当に運営されているポイントサイトであれば、広告主には承認されているのに、利用者には否認して、報酬をネコババしたりはしないと思います。
    飽くまで、一般論ですけどね。

    判定が覆るとよいですね。

    2019/10/19 15:02

    ハタラキバチ

  3. ご返信ありがとうございます。

    こんにちは!tackmemoです。
    ご返信ありがとうございます。一通り証明するものは提出したので、気長にポイントサイトからの回答を待ってみます。ありがとうございました。

    2019/10/20 09:40

    tackmemo

  4. 承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2020/08/29 11:36

  5. totoさん

    いただいたコメントは、読者に誤解を与える恐れがあると判断したため、申し訳ありませんが、非公開とさせていただきました。

    その上で書きますが、広告主は、必ずしも承認作業を毎日行っているわけではないということを、まず理解して下さい。
    こまめに承認作業を行う広告主もいれば、月1回まとめて承認作業を行う広告主もいます。

    ですから、タイミングによって、承認時期の目安より早く承認されたり、逆に、遅くなることもあり得ます。
    totoさんがコメントの中で言及されている、別案件の承認時期が、まさに当てはまりますよね。

    では、このまま待っていれば承認されるかというと、それは私にはわかりません。
    私は、totoさんが利用されたというポイントサイトとは、何の関係もない一個人に過ぎず、そもそも、私はそのポイントサイトの会員ですらありません。
    広告利用の承認・非承認には、そのポイントサイトに問い合わせるべきことで、私からお答えできることは何もないです。

    2020/08/29 12:24

    ハタラキバチ

  6. 承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2020/09/01 10:00

コメントを書く

※ コメント以外は空欄でもご投稿いただけますが、できるだけお名前のご入力をお願いします。

ワラウ
セブンカード・プラス
TIPSTAR
ECナビ
TIPSTAR