【GetMoney!(げっとま)】SBI FXトレード 口座開設+取引で18,200円+500円還元!取引コストは0円?!

ポイントサイト「GetMoney!(げっとま)」にて、FX案件「SBI FXトレード」が高還元掲載されています。
取引コストも通常より安くなっているので、今ならダブルでお得です。

SBI FXトレード

[オススメ]
auカブコム証券
[オススメ]
マネックス証券

    目次

  1. SBI FXトレードとは
  2. GetMoney!経由のお申込で11/30まで18,200円還元
  3. 20万通貨ってどういう意味?
  4. 米ドル/円の取引がオススメ
  5. 入金額はご都合に合わせて
  6. GetMoney!(げっとま)とは

SBI FXトレードとは

SBI FXトレードは、その名の通り、SBIグループが運営するFX会社です。

最大の特徴は、なんといっても、取引単位でしょう。
他社だと、ほとんどが1,000通貨or10,000通貨単位の取引ですが、SBI FXトレードでは1通貨単位で取引ができます。

例えば、1ドル=100円の時、1,000通貨単位で取引をするには、証拠金(自己資金)として4,000円必要です。
それに対して、1通貨から取引ができるSBI FXトレードなら、4円あれば取引ができちゃうんです。

少額で取引をしたい人や、分散投資をしたいけど資金がたくさんあるわけではない人などにとっては、SBI FXトレード以上のFX会社はないでしょうね。

SBI FXトレード

GetMoney!経由のお申込で11/30まで18,200円還元

SBI FXトレード
SBI FXトレード


2020年11月30日までに、GetMoney!を経由してSBI FXトレードに新規口座開設をお申込の上、30日以内に20万通貨以上取引された人に、18,200円相当のポイントが還元されます。

さらに、SBI FXトレード側でも、新規口座開設+ログインをされた人に、特典として500円のプレゼントがありますよ。

500円入金特典

20万通貨ってどういう意味?

例えば、ドル/円の取引であれば、20万ドル分の取引が必須、ということです。
米ドル/円のレートは、現在、1ドル=105円くらいなので、約2,100万円分の取引ということになりますね。

ドル/円

20万通貨を1度に取引する必要はありませんので、ご安心を。
売買を繰り返して、累計で20万通貨になればいいんです。

とはいっても、2,000万円というのはさすがに無茶だ、と思いますよね。
ここでポイントになるのが「レバレッジ」です。

レバレッジとは、テコの作用のこと。
小さな力を大きな力に変える、テコの原理のあのテコです。

FXでは、このレバレッジの仕組みを利用することで、証拠金(自己資金)の最大で25倍の取引が可能となります。
イメージとしては、口座に入金したお金を担保として、FX会社からお金を借りて取引をする、という感じですね。

レバレッジのおかげで、20万ドルの取引に必要な証拠金は、累計で84万円くらいになります。

    米ドル/円の取引例

  1. 証拠金を5万円入金
  2. 42,000円×25倍=1,050,000円を10,000ドル
  3. すぐに売って日本円へ戻す

  4. これを20セット繰り返せば20万通貨になります。

米ドル/円の取引がオススメ

SBI FXトレードでは、たくさんの通貨ペアを取り扱っていますが、ポイント付与条件クリアのために取引する通貨ペアとしては、米ドル/円をオススメします。
理由は単純明快、取引コストがイチバン安く済むからです。

SBI FXトレードでは、注文数量に応じて、異なるスプレッドが適用される仕組みになっています。
例えば、米ドル/円だと以下の通り。

注文数量スプレッド
1~1,000通貨0.09銭
1,001~100万通貨0.17銭

上記が通常のスプレッドになりますが、2020年12月22日2時までのキャンペーンで、現在、スプレッドは次のようになっています。

注文数量スプレッド
1~1,000通貨0.09銭 → 0銭
1,001~100万通貨0.17銭 → 0.1銭

1,000通貨までの注文は、なんとスプレッドが0銭
つまり、取引コストはかかりません

1,000通貨ずつ注文して20万通貨をクリアするには、200回の取引が必要になりますが、取引コストがかからないので、19,500円のポイント還元をまるっとそのままGETできちゃいます(売買時の為替レート変動により、多少の増減はあります)。

1,001通貨以上で取引する場合は、スプレッドが0.1銭になるので、0.1銭×20万通貨で、20万通貨取引するコストは、200円になります。

取引コストを浮かせるために200回取引をするか、それとも、時間短縮のために200円払うか、そこはお好みに応じて。
ポイント還元、取引コスト、特典を引っくるめて、トータルの還元額は18,500~18,700円くらいになります(為替レートの変動により、多少の増減はあります)。

少しくらいなら還元額が減ってもいいから、取引回数を少なくしたい、あるいは、入金額を少なくしたいという人には、米ドル/円ではなくメキシコ・ペソ/円をオススメします。

メキシコ・ペソ/円は、スプレッドが0.18銭で、取引コストは米ドル/円の約2倍かかります(20万通貨取引で360円)が、現在、1ペソ=5.2円くらいなので、米ドル/円の20分の1くらいの証拠金で取引ができます。
5万円入金すれば、1回で20万通貨の取引ができますね。

スプレッドとは

買値レートと売値レートの差額のことです。
例えば、スプレッドが1銭だった場合、売値レートは、買値レートに対して1通貨当たり1銭差し引かれた金額になります。
スプレッド1銭で、買値レートが1ドル=100円の時、売値レートは1ドル=99円99銭になります。

レバレッジやスプレッドについては、FXの基礎知識をまとめた記事がありますので、そちらもご参考にどうぞ。

← コチラもご参照下さい。
これさえ知ればFXは怖くない【ポイ活ユーザー向け基礎知識】


入金額はご都合に合わせて

取引例の5万円入金20回取引というのは、飽くまで目安なので、多く入金して取引回数を少なくしたり、逆に、取引回数を増やして入金額を減らしても問題ありません。
ご都合に合わせて、やりやすいように進めて下さい。

例えば、3万円入金して、米ドル/円(現在1ドル=105円くらい)を取引するなら、取引コストの200円を差し引いて、
29,800円×25倍÷105円=約7,095通貨
1回に7,000通貨くらい取引できます。

20万通貨÷7,000通貨=約28.5回
7,000通貨ずつ、29回くらいの取引が必要という計算になります。

1,000通貨ずつ取引するなら、5,000円あれば十分です。

GetMoney!(げっとま)とは

GetMoney!の目玉コンテンツは「毎日1,000円」です。
参加条件の異なる複数の応募枠があり、その条件をクリアすれば、1,000円相当のポイントが当たる抽選に毎日応募できます。

指定広告申込が条件となる当選率の高い枠ともなると、月2回以上当選する人もいるようです。
もちろん、広告利用に対するポイントは、それとは別にちゃんと獲得できます。

無理なく継続して条件をクリアできる全ての枠に、毎日欠かさず応募したと仮定して、年に1回でも当選する確率を計算してみたところ、約4割という結果に!
抽選でポイントが当たるコンテンツは、他のポイントサイトにも色々とありますが、このポイント数がこれだけの確率で当たるものは、他にはありません。

私自身、これまでに8回も当選しちゃいました。

← GetMoney!
← 紹介記事はコチラ

GetMoney! →
ご登録はコチラ →


なお、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、万が一、誤りがあった場合でもその責任は負いかねます。
注意事項など、ご自身にて再度ご確認の上、自己責任でのご利用をお願いします。

[オススメ]
トロフィー制度
[オススメ]
ファミマTカード
GetMoney!(げっとま)の最新記事

コメント

コメントを書く

※ コメント以外は空欄でもご投稿いただけますが、できるだけお名前のご入力をお願いします。

ウェル活
ジャパンネット銀行
JCBカードW
ECナビ
ライフメディア