【GetMoney!(げっとま)】オススメ案件:マネックス証券FXPLUS 取引1回で11,000円還元+最大10,600円!8/31まで

先日、他サイトの掲載案件としてご紹介したFX案件「マネックス証券 FXPLUS」ですが、ポイントサイト「GetMoney!(げっとま)」にて、8月31日までポイントアップしています。

マネックス証券は、証券総合取引口座の案件も掲載されていますが、FXPLUSは2倍以上の還元ポイントになっていますよ。

マネックス証券FXPLUS

[オススメ]
TIPSTAR
[オススメ]
ECナビ

    目次

  1. 最初に
  2. GetMoney!経由で11,000円還元(8/31まで)
  3. 1万通貨ってどういう意味?
  4. 1万通貨の取引コスト
  5. FXPLUS案件vs証券総合取引口座案件
  6. マネックス証券側のキャンペーンで最大10,600円GET
  7. 最後に
  8. GetMoney!とは

最初に

投資は怖い、難しいと、何となく不安を感じる投資未経験者・初心者の方は多いと思います。
気持ちはわかりますが、でも、還元額を上回るような損をするというのは、考えにくいです。

投資自体でお金を稼ごうとするなら話は別ですが、広告利用の条件をクリアするだけなら、必要以上に怖がらなくてもいいんです。

もちろん、投資である以上、リスクはあります。
「ポチポチするだけ」といった、リスクを過小に錯覚させるような人には、注意しましょう。
そのような人は、不正確・不適切な情報を発信している恐れがあります。

投資は、正しく恐れる=リスクを適切に理解することが大切です。

GetMoney!経由で11,000円還元

FXPLUS
マネックス証券FXPLUS


FXPLUSは、大手ネット証券会社「マネックス証券」が提供する、為替取引サービスです。

GetMoney!経由でFXPLUSに新規口座開設+1万通貨以上取引された方に、11,000円相当のポイントが還元されます。
取引コストを差し引いても、10,900円以上のお小遣いを見込めますよ。

なお、口座開設の流れとしては、証券総合取引口座の申込と合わせて、FXPLUS口座も申し込むという形になります。
FXPLUSに限らず、マネックス証券に口座をすでにお持ちの方は対象外となりますので、ご注意を。

1万通貨ってどういう意味?

例えば、ドル/円の取引であれば、1万ドル分の取引が必須、ということです。
米ドル/円のレートは、現在、1ドル=107円くらいなので、107×1万=107万円分の取引ということになりますね。

ドル/円

100万円なんて無理だよ、と思った方もご安心を。
ここでポイントになるのが「レバレッジ」です。

レバレッジとは、テコの作用のこと。
小さな力を大きな力に変える、テコの原理のあのテコです。

FXでは、このレバレッジの仕組みを利用することで、証拠金(自己資金)の最大で25倍の取引が可能となります。
イメージとしては、口座に入金したお金を担保として、FX会社からお金を借りて取引をする、という感じですね。

レバレッジのおかげで、1万ドルの取引に必要な証拠金は、43,000円くらいになります。

    米ドル/円の取引例(1ドル=107円換算)

  1. 証拠金を5万円入金
  2. 42,800円×25倍=1,070,000円を10,000ドル
  3. すぐに売って日本円へ戻す

  4. これで1万通貨取引は完了です。

1万通貨の取引コスト

国内のFX会社や証券会社で為替取引をする際、ほとんどの場合、手数料はかかりません。
ただし、手数料はかからないのですが、「スプレッド」が実質的な取引コストになります。

スプレッドとは

買値レートと売値レートの差額のことです。
例えば、スプレッドが1銭だった場合、売値レートは、買値レートに対して1通貨当たり1銭差し引かれた金額になります。
スプレッド1銭で、買値レートが1ドル=100円の時、売値レートは1ドル=99円99銭になります。

FXPLUSだと、スプレッドがイチバンせまい(スプレッドは、安い、ではなく、せまいと言います)のは、米ドル/円の0.2銭です。
0.2銭×1万ドル=20円
米ドル/円なら、1万通貨の取引コストは20円です。

FXPLUS案件vs証券総合取引口座案件

マネックス証券の案件としては、FXPLUSの案件の他に、証券総合取引口座の新規開設+取引1回という案件が掲載されています。
証券総合取引口座の案件は、取引額の指定がないので、投資信託を100円分だけ取引すれば、コストはほぼゼロに抑えられます。

マネックス証券
マネックス証券


ただし、還元ポイントは、FXPLUS案件の半分未満の5,000円相当なんですね。
FXPLUSは取引コストとして20円かかりますが、どちらがお得か、一目瞭然です。

ポイント還元11,000円から、取引コスト20円を差し引いて、10,980円。
為替レート変動による損益がここに加わりますが、順当に取引を終えることができれば、10,900円以上を期待できそうですね。

マネックス証券側のキャンペーンで最大10,600円GET

証券総合取引口座の案件では触れられていて、FXPLUSの案件では触れられていない情報として、マネックス証券側のキャンペーンがあります。

口座開設の流れとして軽くご説明しましたが、FXPLUS口座の開設は、証券総合取引口座の申込と合わせてという形になるので、FXPLUS案件を利用する場合でも、キャンペーンの対象になります。

8月31日までに申込+9月30日までに口座開設完了の上、指定条件をクリアされた方に、最大で10,600円分のアマゾンギフト券をマネックス証券からプレゼント。

    9月30日まで

  1. 証券総合取引口座の開設完了で、もれなく200円分
    (キャンペーンコード「amazon」の入力必須)
  2. 初回ログイン後の追加情報入力で、もれなく200円分
  3. 10,000円入金で、抽選で50名に10,000円分

  4. 10月30日まで

  5. 一般NISA、もしくは、つみたてNISA口座開設完了で、もれなく200円分(ジュニアNISAは対象外)

新規口座開設等でAmazonギフト券をプレゼント
新規口座開設等でAmazonギフト券をプレゼント!


最後に

FXや株などの投資は、たとえ、ポイント還元を目的とした取引であっても、何もわからないまま、誰かに言われた手順をマネするだけというのは、よくないと私は思います。
お金が増える・減るという結果に、直結しているんですから。

ですから、判断力の乏しい子供やお年寄りでも取引できてしまうような、ことこまかな手順の解説はしません(質問は一切受け付けません、という意味ではないです)。
初心者なりにも、ご自身で考えて、判断できるよう、基本的な知識くらいは身につけた上で、取引をしていただきたいからです。

レバレッジやスプレッドについては、FXの基礎知識をまとめた記事がありますので、そちらもご参考にどうぞ。

← コチラもご参照下さい。
これさえ知ればFXは怖くない【ポイ活ユーザー向け基礎知識】


GetMoney!とは

GetMoney!の目玉コンテンツは「毎日1,000円」です。
参加条件の異なる複数の応募枠があり、その条件をクリアすれば、1,000円相当のポイントが当たる抽選に毎日応募できます。

指定広告への申込が応募条件となる当選率のいちばん高い枠だと、応募人数は10人を下回ることもあり、月2回以上当選する方もいるようです。
もちろん、広告利用に対するポイントは、それとは別にちゃんと獲得できます。

無理なく継続して条件をクリアできる全ての枠に、毎日欠かさず応募したと仮定して、年に1回でも当選する確率を計算してみたところ、2人に1人は当選できるという驚きの結果に!
登録から6年半余りで8回も当選しちゃいました。

← GetMoney!
← 紹介記事はコチラ

GetMoney! →
ご登録はコチラ →


なお、掲載する情報の確認には十分に配慮しておりますが、万が一、誤りがあった場合でもその責任は負いかねます。
注意事項など、ご自身にて再度ご確認の上、自己責任でのご利用をお願いします。

[オススメ]
YJFX!
[オススメ]
セントラル短資FX
GetMoney!(げっとま)の最新記事

コメント

コメントを書く

※ コメント以外は空欄でもご投稿いただけますが、できるだけお名前のご入力をお願いします。

GetMoney!
auカブコム証券
[PR]
ECナビ
[PR]