【小技】ポップアップをウィンドウではなくタブで開く

※2019/9/18 全面的に加筆修正。

ユーザーの意思とは無関係にポップアップするウィンドウは、時として実にわずらわしい存在です。
その都度、閉じるのが面倒になって、次から次へポップアップウィンドウを開いた結果、タスクバーが過密状態になってしまった、という経験がある方も多いのでは。

ブラウザの設定でポップアップをブロックすることもできますが、ポップアップブロックの解除、もしくは、例外設定を推奨しているサイトも少なくありません。
ブロックは有効化しておいて、ポップアップが必要なサイトだけ例外的に許可するという選択肢もありますが、初めて利用するサイトでポップアップの許可が必要か、即座に判断するのは難しいですよね。
ポップアップのブロックが原因でサイトの動作に支障が生じる可能性があり、また、実際にそうなった時に、原因を特定するのは、誰にでも簡単にできることではないでしょう。

そこで提案したいのが、ブロックは解除して、ポップアップをウィンドウではなくタブで開くという方法です。
タブならウィンドウと違って、「他のタブを閉じる」「右側のタブを閉じる」といった右クリックメニューを使うことで、手間をかけずに1度に複数の対象を閉じることができます。


[特集]
GetMoney!

[PR]

具体的な手順は下記の通りとなります。
ブラウザによって手順が異なりますので、ご利用のブラウザに合わせて手順を進めて下さい。
リンクになっている画像は、クリックすると別タブで拡大表示されます。

●目次

Chrome
Firefox
Internet Explorer

Chrome

実現可能な拡張機能として、以下のようなものがあります。


Open link in same tab, pop-up as tab

設定項目が少なく、シンプルさを重視する方にオススメです。
ただし、例外設定はできず、日本語にも非対応となっています。

コチラからダウンロードできます → Open link in same tab, pop-up as tab

ポップアップをタブで開くだけであれば、インストールするだけでOK、特に設定は必要ありません。
設定は、インストール後にChrome右上に表示されるアイコンをクリックすれば可能です。
アイコンが見当たらない場合は、右端の「Google Chromeの設定」をクリックしてみて下さい。

Open link in same tab, pop-up as tab

Open pop-ups as a new tabs...チェックを入れると、ポップアップをウィンドウではなくタブで開きます。
Give new tabs focusチェックを入れると、新しくタブを開いた時にそちらへ移動する、逆に言えば、チェックを外すと、新しく開いたタブへ移動しない、ということだと思うのですが、私の環境では、チェックを外しても強制的に移動します(2019年9月現在)。
"Reuse tab" - open links...チェックを入れると、既定で新しくタブを開くリンクのうち、同一ドメインのリンクは、現在のタブで開くようになります。



Popup Intercept - One Window

こちらも設定項目が少なく、シンプルさを重視する方にオススメ。
ただし、既定ではポップアップはウィンドウで開き、指定したドメインやURLのみタブで開くというブラックリスト方式になっています。
設定項目はその他にはなく、日本語は非対応となっています。

コチラからダウンロードできます → Popup Intercept - One Window

設定の手順は以下の通りです。

オプション

インストール後、Chrome右上に表示されるアイコンを右クリックして、メニューから「オプション」を選択します。
アイコンが見当たらない場合は、右端の「Google Chromeの設定」をクリックしてみて下さい。

addresses

ポップアップをタブで開くようにしたいドメインやURLを入力して、SAVEをクリックすれば完了です。
複数の対象を指定したい場合は、「aaa.com#https://bbb.net/ccc」のような具合に、半角の「#」で区切ります。



Tab Position Customizer 2

該当項目の設定を有効化することにより、既定ではポップアップはタブで開き、指定したドメインやURLのみウィンドウで開くというホワイトリスト方式の動作になります。
その他に、タブの開閉に伴う動作を制御する項目もあり、【小技】タブを開いた時に移動しないようにするという記事でご紹介しているテクニックとしてもご利用いただけます。

コチラからダウンロードできます → Tab Position Customizer 2

設定の手順は以下の通りです。

オプション

インストール後、Chrome右上に表示されるアイコンを右クリックして、メニューから「オプション」を選択します。
アイコンが見当たらない場合は、右端の「Google Chromeの設定」をクリックしてみて下さい。

ポップアップをタブとして開く

設定画面下部にある「ポップアップをタブとして開く」にチェックを入れたら完了です。



Tab Position Options

設定可能な項目は4つの中でいちばん多く、Tab Position Customizer 2の設定を、より細かくできるといったイメージ。
TPC2と同様にホワイトリスト方式で、日本語には非対応なので、個人的にはこちらを使うよりは、Tab Position Customizer 2の方がオススメです。

コチラからダウンロードできます → Tab Position Options

Firefox

「about:config」で設定可能となっています。
about:configは、オプションでは変更できない高度な設定を、直に書き換えることができる、言わば隠し要素的な機能です。
設定の手順は以下の通りとなります。

    ●about:config設定手順

  1. ロケーションバー(アドレスバー)に「about:config」と入力してエンターキーを押す。

  2. 「危険性を承知の上で使用する」をクリックします(以降の操作は間違いのないよう十分にご注意下さい)。

  3. 検索欄に「browser.link.open_newwindow」と入力すると、項目が自動的に一覧から絞り込まれます。

  4. browser.link.open_newwindowをダブルクリック、もしくは、右クリックして「値を変更」を選び、値を「3」へ変更します(すでに3に設定されている場合は、この手順は飛ばして下さい)。

  5. 同じく検索欄に「browser.link.open_newwindow.restriction」と入力、値を「0」へ変更します。

  6. タブを閉じて完了です。

  7. about:configの詳細は、公式サイトのヘルプページを参照して下さい。

Internet Explorer

ブラウザの設定を変更することで可能となります。
設定の手順は以下の通りです。

インターネットオプション

Internet Explorer右上の歯車のアイコンをクリックして、メニューから「インターネットオプション」を選択します。

タブ

「全般」タブにある「タブ」ボタンをクリックして下さい。

常に新しいタブでポップアップを開く

常に新しいタブでポップアップを開く」にチェックを入れて、OKをクリックしてインターネットオプションを閉じれば完了です。



ポップアップをウィンドウではなくタブで開く方法については、以上となります。

なお、掲載されている情報は執筆当時におけるものであり、最新の状況とは異なる可能性がありますので、ご注意下さい。
また、拡張機能によっては、インストール後にブラウザの再起動が必要な場合がありますので、意図した動作をしないなどの問題があれば、まずはブラウザの再起動をお試し下さい。


[特集]
ECナビ

[オススメ]
ポイントサイトのポイントインカム
■雑記の最新記事

コメント

  1. 丁度、設定したかったことが!

    こんばんは。
    先日は、コメントありがとうございました。

    ポップアップの表示を変更したいな~と考えていたところに目に留まった記事。詳しく書いてくださっていてありがとうございます。
    さっそく設定してみました!

    いつも訪問させていただいて思うのですが・・ブログのデザインとっても凝ってられてますね。
    ゲームがやりたくなります☆

    2016/08/01 20:32

    kotako

コメントを書く

*「コメント」以外は空欄のままでもご投稿いただけます
ECナビでウェル活をもっとお得に
ポイントインカム
[PR]