【雑記】Google Chromeの派生ブラウザ「Kinza」をインストールしてみた

私は先日まで、メインのブラウザとしてFirefoxを、そして、それを補助する役割としてGoogle Chromeを使用していたのですが、Firefoxの派生ブラウザをインストールしたことをきっかけに、どうにも好きになれないGoogle Chromeとは手を切って、Firefox系に統一しようと考えました。

Kinza ロゴ

[オススメ]
TIPSTAR
[オススメ]
ECナビ

派生ブラウザとは、特定のブラウザをベースとして色々と手が加えられたブラウザのことで、手が加えられたとはいってもベースは同じなので、ベースとなるブラウザの拡張機能を使用することができます。
Firefoxの派生ブラウザをインストールした理由は、別記事【雑記】「私はロボットではありません」をチェックできずログインできなくなったお話でも触れていますが、「ランサーズ」や「クラウドワークス」でウェブ検索関連の仕事をする際に、短時間に大量の検索をかけて、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンからブロックされるのを回避するためです。

そもそも、何故、私がGoogle Chromeを好きではないかというと、重いからです。
Google Chromeは速くて軽いブラウザというイメージが浸透していますが、実際に速くて軽いブラウザだったのは、以前の話。
個々のPC環境によっても違いはありますが、少なくとも、私の環境では、速さはFirefoxと比較して実感できるような差はありません。
軽さについては、重いと言われるFirefoxよりも、さらに重いという状態にあります。

軽さはインストールしている拡張機能などにも左右されますが、使用している拡張機能の数で言えば、メインのブラウザであるFirefoxの方が圧倒的に多く、Firefoxに不利な条件であるにもかかわらず、Google Chromeの方が重いという状態なのです。
それでもGoogle Chromeを使用していたのは、ただ1つ、PCでスマホサイトを利用する用途に限っては、Firefoxよりも優れているからです。

Firefoxの派生ブラウザをインストールする以前は、現在、派生ブラウザに任せている役割は、Google Chromeが担っていました。
でも、派生ブラウザをインストールした結果として、快適な環境作りに成功したことで、快適さを損なう存在である重いGoogle Chromeをどうにかできないか、という考えが生まれたわけです。

PCでスマホサイトを利用するのは、拡張機能を使えばFirefoxでも可能なので、試しにGoogle Chromeの使用をやめてみた、のですが、やっぱりダメだという結論になるまで、大して時間はかかりませんでした。
とはいえ、元のGoogle Chromeに戻ったとしても、今よりはマシになるだけで、快適な環境にはならないとわかっているので、何か手はないものかと考えた結果、Firefoxに続いて派生ブラウザを試してみることにしました。

軽い派生ブラウザという視点で選んだのが「SRWare Iron」と「Kinza」の2つ。

まず、インストールしてみたのが、Google Chromeの派生ブラウザとしては歴史が長く、実績があるSRWare Iron、だったのですが、テキストボックスをクリックしてもカーソルが表示されず文字入力できない=サイトにログインできない、プルダウンメニューをクリックしても反応がなく選択肢が表示されない、と、トラブルが連発。
調べれば解決できたかもしれませんが、Google Chromeに愛着のない私としては、そんな面倒なことをする気は起こらず、もしも、Kinzaもダメだったら考えようと、Ironを終了しました。

続いてインストールしたKinzaは、日本で開発されたブラウザです。
Ironで発生したトラブルは起こらず、また、本家Chromeにはない機能が追加されているため、本当に軽いのかという疑問がありましたが、速さ / 軽さ、共に、Firefoxと差はないと感じました。
言い換えれば、本家Chromeより間違いなく軽いということです。

Kinzaに追加された機能のうち、マウスジャスチャーやスーパードラッグといった主だった機能は、私には不要なので無効化しましたが、本家Chromeにはないちょっと嬉しい機能が2つありました。

1つは、ダブルクリックでタブを閉じることができる点です。
広告リンクのクリックなど、次々とタブを開いては閉じるという操作が多いお小遣い稼ぎにおいて、タブをスムーズに閉じることができるのは、見逃せないポイントです。
タブの動作を設定することができないというのは、私がGoogle Chromeに対して感じる不満の1つで、メインのブラウザであるFirefoxでは、拡張機能を利用して、タブをダブルクリックで対象タブを閉じる、タブバーをダブルクリックで右のタブを全て閉じるよう、設定してあります。

Kinza サイドバー

2つ目は、サイドバーを表示することができる点。
ディスプレイは縦より横に広いのだから、当然、それを活かすべきで、ブックマークはブックマークバーではなくサイドバーに表示したい、というのが私の考えです。
Firefoxも、Internet Explorerにもできるのに、Google Chromeだけはサイドバーを表示することができません。

欠点としては、mp4に対応していない点が挙げられますが、そもそも、私は補助的な役割としてしかKinzaを使わないので、大きな問題ではありません。
mp4は、例えば、Twitterのタイムラインに埋め込まれた動画がこれに当たります。

2016年12月リリースのver. 3.6.0以降は対応しています。

拡張機能の互換性にも問題はなく、本家Chromeを使用していた頃と比べて、動作が軽くなった上、操作の面でも快適になりました。
えっ、Iron?
そっとアンインストールをクリックしましたよ。

Google Chromeに不満を感じている方も、Google Chromeが速くて軽いと思っている方も、試してみるだけの価値はあると思います。
まあ、それでも、私個人としては、Firefoxの優位は揺らぎませんけどね。

[オススメ]
YJFX!
[オススメ]
セントラル短資FX

関連キーワード

■雑記の最新記事

コメント

コメントを書く

※ コメント以外は空欄でもご投稿いただけますが、できるだけお名前のご入力をお願いします。

GetMoney!
auカブコム証券
[PR]
ECナビ
[PR]