【げん玉】「詳しく見て1pt」のクリック済みリンクが見分けられる【小技】

ポイントサイト「げん玉」には、広告リンクをクリックするとポイントを獲得できる、いわゆるクリックポイントを集めた「ポイントの森」というコーナーがあります。
ポイントの森でポイント獲得ができる広告リンクには、次の2種類があります。

詳しく見て1pt
クリックすると1ポイント獲得できる。
ポイントを獲得できるのは最初1回のみ。

毎日必ず1pt
クリックすると1ポイント獲得できる。
ポイントを獲得できるのは1日1回まで。

「詳しく見て1pt」は、2回目以降のクリックではポイントを獲得できないのですが、困ったことに、クリック前とクリック後でリンクの表示色に違いがありません
そのため、ポイントを獲得済みかどうか見分けがつかず、定期的に全てのリンクをクリックしているという方もいらっしゃるのでは。

でも、ポイントが獲得できるかどうかわからないリンクをクリックして回るのは、効率がいいとは言えませんよね。
この記事では、クリック済みの詳しく見て1ptを見分ける方法について、ご紹介します。


[オススメ]
TIPSTAR
[オススメ]
ECナビ

通常、1度でもリンク先のページを訪問すると、リンクの表示色は未訪問リンク色から訪問済リンク色へ変わります。
ただし、これは標準的な仕様として規定されているだけで、守らなければならないルールというわけではありません。

リンクの表示色を規定から変更するには、「スタイルシート」という技術が用いられています。
スタイルシートは、文字の大きさや罫線の太さ、背景色、画像の表示位置など、サイトデザインのあらゆる部分に関わる技術です。

この記事でご紹介するテクニックも、このスタイルシートを使用して実現できます。
使用するのは「ユーザースタイルシート」というスタイルシートの一種です。
ユーザースタイルシートを使用すると、サイト設計者が指定したスタイルに優先して、サイトデザインを指定することが可能になります。

リンクの表示色が規定と異なるのは、サイト設計者がスタイルシートを用いて、規定と異なる表示色を指定しているからですが、ユーザースタイルシートで規定通りに表示するよう指定することで、規定の表示色に戻すことができるわけです。

この記事でご紹介する方法を適用すると、詳しく見て1ptと毎日必ず1ptのアイコンに、下記のような縁取り線が表示されるようになります。
詳しく見て1ptの縁取り線は、未訪問リンクと訪問済リンクで表示色が異なりますが、毎日必ず1ptは、クリック後も表示色は変わりません

つまり、未訪問リンクの表示色で縁取られているアイコンを探して、それだけをクリックすれば、効率よくクリックポイントを獲得できるようになります。

未訪問
未訪問リンク
訪問済
訪問済リンク

なお、リンク先を訪問済かどうかは、ブラウザの履歴を元に判定されます。
履歴を保存しない設定になっていたり、履歴を削除した場合、指定通りに表示されませんので、ご注意を。

具体的な手順は下記の通りとなります。
ブラウザによって手順が異なりますので、ご利用のブラウザに合わせて手順を進めて下さい。

    目次

  1. Chrome
  2. Chromium版Edge
  3. Firefox
  4. Internet Explorer
  5. リンクの表示色について
  6. げん玉とは

Chrome

まず、拡張機能「Stylus」をインストールします。
Stylusは、ユーザースタイルシートを使用するための拡張機能です。

コチラからダウンロードできます → Stylus

ステップ1

Stylusのインストール後、Chrome右上のアイコンをクリックして、メニューから「その他のツール」を選択します。
続けて、「拡張機能」をクリックして下さい。

その他のツール 拡張機能

ステップ2

インストール済みのアドオンが一覧表示されますので、その中からStylusを探して「詳細」をクリックして下さい。

Stylus

ステップ3

Stylusの詳細ページ下部にある「拡張機能のオプション」をクリックすると、下のような画面になります。
スタイル管理」をクリックして下さい。

スタイル管理

ステップ4

Stylusの管理画面が別タブで開きます。
左にあるメニューから「新スタイルを作成」をクリックして下さい。

新スタイルを作成

ステップ5

  1. コード」欄に下記のコードを貼り付け。
  2. コード欄下の「すべて」という表記の右にある「」ボタンをクリック。
  3. プルダウンリストから「正規表現に一致するURL」を選択。
  4. プルダウン右の空欄に下記のURLを貼り付け。
  5. 画面左上に名前を入力(何でもOKです)して、その下の保存ボタンをクリック。

スタイルを追加

■コード
/* 未訪問リンクの表示色 */
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail.png"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/neo/index/click_pt.png"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/forest_bt1.gif"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail_daily.gif"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/bt_day1.gif"] {
border: blue solid 3px !important;
}
/* 詳しく見て1pt 訪問済リンクの表示色 */
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail.png"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/neo/index/click_pt.png"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/forest_bt1.gif"] {
color: purple !important;
}
/* 毎日必ず1pt 訪問済リンクの表示色 */
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail_daily.gif"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/bt_day1.gif"] {
color: blue !important;
}

■適用先
http.*://www.gendama.jp/forest/

以上で完了です。

上記のコードでは、未訪問リンクを「blue」、訪問済リンクを「purple」としてありますが、お好みに応じて表示色を指定することも可能です。
詳細は記事末尾をご参照下さい。

Chromium版Edge

Chromium版のEdgeであれば、ベースはChromeと同じなので、Chromeの拡張機能を利用することができます。

Windows 10をお使いの方は、Windows UpdateですでにChromium版になっているはずです。
Windows 7/8/8.1にも、Chromium版をインストールできます。

コチラからダウンロードできます → Chromium版Edge

新旧Edgeの見分け方

拡張機能の導入手順はChormeとほぼ同じで、拡張機能のダウンロードページを開いて、「Chromeに追加」というボタンをクリックすれば、ダウンロードが始まります。
もしも、ボタンが見当たらない場合は、ページ上部に「他のストアからの拡張機能を許可する」という表示があるはずなので、そちらをクリックすればボタンが表示されます。

Firefox

まず、拡張機能「Stylus」をインストールします。
Stylusは、ユーザースタイルシートを使用するための拡張機能です。

コチラからダウンロードできます → Stylus

ステップ1

Stylusのインストール後、Firefox右上のアイコンをクリックして、メニューから「アドオン」を選択します。

アドオン

ステップ2

インストール済みのアドオンが一覧表示されますので、その中からStylusを探して「オプション」をクリックして下さい。

オプション

ステップ3

下のような画面になりますので、「スタイル管理」をクリックして下さい。

スタイル管理

ステップ4

Stylusの管理画面が別タブで開きます。
左にあるメニューから「新スタイルを作成」をクリックして下さい。

新スタイルを作成

ステップ5

  1. コード」欄に下記のコードを貼り付け。
  2. コード欄下の「すべて」という表記の右にある「」ボタンをクリック。
  3. プルダウンリストから「正規表現に一致するURL」を選択。
  4. プルダウン右の空欄に下記のURLを貼り付け。
  5. 画面左上に名前を入力(何でもOKです)して、その下の保存ボタンをクリック。

スタイルを追加

■コード
/* 未訪問リンクの表示色 */
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail.png"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/neo/index/click_pt.png"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/forest_bt1.gif"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail_daily.gif"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/bt_day1.gif"] {
border: blue solid 3px !important;
}
/* 詳しく見て1pt 訪問済リンクの表示色 */
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail.png"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/neo/index/click_pt.png"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/forest_bt1.gif"] {
color: purple !important;
}
/* 毎日必ず1pt 訪問済リンクの表示色 */
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail_daily.gif"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/bt_day1.gif"] {
color: blue !important;
}

■適用先
http.*://www.gendama.jp/forest/

以上で完了です。

上記のコードでは、未訪問リンクを「blue」、訪問済リンクを「purple」としてありますが、お好みに応じて表示色を指定することも可能です。
詳細は記事末尾をご参照下さい。

Internet Explorer

ステップ1

まず、メモ帳などのテキストエディタに下記のコードを貼り付けて、わかりやすい場所に保存して下さい。
ただし、ファイルの場所を変更すると、機能しなくなってしまいますので、保存場所にはご注意を。

ファイル名は何でもOKですが、拡張子を「txt」ではなく「css」に変更しておいて下さい。
例:user_style_sheet.css

■コード
/* 未訪問リンクの表示色 */
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail.png"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/neo/index/click_pt.png"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/forest_bt1.gif"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail_daily.gif"],
a:link img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/bt_day1.gif"] {
border: blue solid 3px !important;
}
/* 詳しく見て1pt 訪問済リンクの表示色 */
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail.png"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/neo/index/click_pt.png"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/forest_bt1.gif"] {
color: purple !important;
}
/* 毎日必ず1pt 訪問済リンクの表示色 */
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/renew/common/btn_detail_daily.gif"],
a:visited img[src*="//img.gendama.jp/img/forest/bt_day1.gif"] {
color: blue !important;
}

ステップ2

Internet Explorer右上の歯車のアイコンをクリックして、メニューから「インターネットオプション」を選択します。

インターネットオプション

ステップ3

「全般」タブにある「ユーザー補助」ボタンをクリックして下さい。

ユーザー補助

ステップ4

自分のスタイルシートでドキュメントの書式を設定する」にチェックを入れて、「参照」ボタンをクリックして下さい。

自分のスタイルシート

最初に保存したファイルを指定して、OKをクリックしてインターネットオプションを閉じれば完了です。
ユーザースタイルシートはInternet Explorerの再起動後に有効となります。

上記のコードでは、未訪問リンクを「blue」、訪問済リンクを「purple」としてありますが、お好みに応じて表示色を指定することも可能です。
詳細は記事末尾をご参照下さい。

リンクの表示色について

上記の手順では、未訪問リンクを「blue」、訪問済リンクを「purple」としましたが、お好みに応じて表示色を指定することもできます。

表示色の指定には、上記の手順のように色名をキーワードで指定する方法と、RGBで指定する方法があります。
使用できるキーワードは以下の16種類ですが、飽くまで原則であり、実際には多くのブラウザが拡張キーワード(例えば、orangeやpinkなど)に対応しています。

blacksilvergraywhite
maroonredpurplefuchsia
greenlimeoliveyellow
navybluetealaqua

RGBについてはこの記事では詳しく説明しませんので、表示色を細かく指定したい(1,600万色以上から設定可能です)という方は、ご自身でお調べになって下さい。

← コチラもご参照下さい。
ポイントサイトで稼ぐための【裏技/小技】


げん玉とは

げん玉には、指定案件利用者を対象に行われる抽選に当選すると、広告利用ポイントとは別に、ボーナスを獲得できる「げん玉ジャックポット」というコーナーがあります。
ジャックポット(大当たりという意味)と題していることからも想像がつく通り、ボーナスが本来のポイントと同等やそれ以上というのはザラで、数倍になることも。

そんなポイントが数倍になっちゃうような抽選、滅多に当たらないんでしょー、って思いますよね?
そう思うのも無理はありません、むしろ、それが普通だと思います、でもね、数人に1人に当たる確率になっていることが珍しくないんです。

当たらないと思うけど当たればラッキー、ではなくて、げん玉ジャックポットは、当てる気満々で行きましょう。
私、ハタラキバチも、2人に1人の確率で5,000円が10,000円になったことがあります!

その他にも、指定カテゴリの広告を利用すると、1件ごとに数百円~数千円相当のボーナスポイントが付与されるキャンペーンも、頻繁に開催しています。

コチラからげん玉へご登録いただけると、特典として25円相当のポイントをプレゼント。

← げん玉
← 紹介記事はコチラ

げん玉 →
ご登録はコチラ →


[オススメ]
YJFX!
[オススメ]
セントラル短資FX
げん玉の最新記事

コメント

  1. ありがとうございます!

    おおぉ~!
    出来ました。一見難しそうな作業ですが、大変丁寧にわかりやすくかかれていたので、こういった知識がほとんどない私にも出来ました。
    早速グルプレのクリックに役立たせてもらっています。
    ありがとうございましたm(._.)m

    2014/11/01 11:32

    Tati

  2. ダメです・・
    変わってません _| ̄|○
    どこを間違っているのかな (?_?)

    2018/03/26 16:04

    匿名

  3. 匿名さん

    コメントありがとうございます。
    実際に確認してみましたが、Chrome / Firefox / IEのいずれも、意図した通りに色が切り替わりました。
    具体的にどこに問題があるのか私にはわかりませんが、どこかを間違えているはずです。

    2018/03/26 17:03

    ハタラキバチ

コメントを書く

※ コメント以外は空欄でもご投稿いただけますが、できるだけお名前のご入力をお願いします。

GetMoney!
auカブコム証券
[PR]
ECナビ
[PR]